『0を1』にする難しさと、乗り切る方法

思考法
スポンサーリンク

『0を1』にする難しさと、乗り切る方法

①”0を1”にする難しさとは

②”1から10”の方が簡単な理由

③”0から1″を乗り切る方法とは

①”0を1”にする難しさとは

投資、スポーツ、ビジネスのどの分野においても、”0を1″にすることは難しいです。

それは、誰でも最初は初心者で失敗の恐怖があるからです。

どの分野においても、実力者はいるわけで『自分じゃあの人、あの企業に追いつけるわけない』と

考えてしまい行動できないのです。

少し行動すれば”0を1”にすることができるのに・・・です!!

また、学歴が高い人ほど失敗することを避けるために分析ばかり時間を費やし、

行動しない傾向があります。

『誰でも最初は初心者』なのにです。

②”1から10”の方が簡単な理由

これは1になっている=やっている。ことを意味します。

やってみることで、やってみた行動により『新しく見えてくる景色』があります。

ここで見えてきた景色の中で、すこしずつ改善を繰り返していくことで

“1を10″にすることができるのです。

そしてそれは、”0から1″にする場合よりもはるかに簡単です。

説明しているだけでは分からないと思いますので、

読者の皆様には、やりたいなと考えていることを1つチャレンジしてもらいたいと思います。

例:株式投資を始める、投資信託を始める、筋トレを始める、スポーツ(ゴルフ)に挑戦する

本を読むなどです。

やってみると見えてくる景色も変わりますが、やってみることでなぜか『人生の満足感』が上がります。

③”0から1″を乗り切る方法とは

③”0から1″を乗り切る方法とは

(1)つべこべ言わず、やってみる。

(2)やったことは全て経験になると言い聞かせる。

(3)挑戦し続ける人生が素敵と考える。

(1)つべこべ言わず、やってみる。

文字通りです笑

やらない理由を挙げるのは簡単です。

でも、やろうか悩んでいるということは、やりたい理由もあるからです。

実行する際にお金がかかってしまうのであれば、小さい金額で始めれば良いです。

小さく始めれば、失敗してもダメージ最小です。

何度でも何度でも立ち上がれます。

1万1回目は何か変わるかもしれない~♪の精神です笑

(2)やったことは全て経験になると言い聞かせる。

やってみてうまくいくことが一番良いことです。

これは間違いありませんが、失敗したとしてもそれは経験になります。

何もやらなくて失敗していない人とやってみて失敗した人とでは、

後者の方が魅力的ではないですか?

アドバイスを聞くとしても、経験がない人からのアドバイスはいりませんよね?

失敗した際は、精神的にもつらいかもしれませんが、その失敗が

魅力を高めてくれます。

その失敗談で話題の幅が広がるし、再挑戦すれば最初よりも確実に成功に近づきます。

(3)挑戦し続ける人生が素敵と考える。

何でも、挑戦する人生の方が素敵だと思いませんか。

挑戦し続けて、新しい刺激を得て、それらをもとに成長する。

いいことばかりです。

※一点、悩んだ方が良い場合に気が付きました。

それは、やりたいことがたくさんある場合です。

その際は、一つ一つ考えて優先順位をつけていく必要があります。

優先順位をつけていく上で調査する必要がありますが、

ネットで調査する場合もあると思います。

そこで参考になるのが、『他人の失敗談』です。

『他人の失敗談』を見て比較し優先順位をつけて、さっそく取り掛かってください。

その結果失敗してしまえば、自分の失敗談を発信することで

他の人の参考にもなります。

そう考えれば、挑戦し続けることは人類において非常に重要なことなのかもしれませんね。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました