『ドルコスト平均法』のメリット・デメリットて何?どんな人向きなの?

投資の基本
スポンサーリンク

『ドルコスト平均法』のメリット・デメリットて何?どんな人向きなの?

『ドルコスト平均法』は投資に関する様々なネット情報や書籍などで出てきます。

最初にズバリ解説すると、ドルコスト平均法とは
『同じタイミングで同じ金額(定額)買い増ししていく投資手法』です。

今回は、ドルコスト平均法をなんとなく理解しているけど・・・という方も、最後まで読んでいただければメリット・デメリットを完璧に理解できます。

スポンサーリンク

『ドルコスト平均法』ってなに?

ドルコスト平均法は投資信託の積立投資でよく利用されています。

同じ銘柄の投資信託を、定期的に同じ金額購入していく方法です。

ドルコスト平均法は定期的に『同じ金額』を購入する方法なので、購入するタイミングに迷うことはありません。

例えば、毎月1万円分の投資信託をドルコスト平均法で積立購入していくとします。

すると、毎月の購入額が一定なので、投資信託の価格が安いときは多い口数、投資信託の価格が高いときは少ない口数を購入することになります。

これにより、価格が高騰している時に購入してしまう『高値掴み』のリスクを下げることができます。

また、投資期間全体で見た場合に購入単価が平坦化し、リスク分散が可能となります。

『ドルコスト平均法』と『定量購入法』は全く異なる

『ドルコスト平均法』と似た投資手法として、『定量購入法』があります。

  • 定量購入法   ・・・定期的に『同じ口数』を購入する方法
  • ドルコスト平均法・・・定期的に『同じ金額』を購入する方法

定量購入法は、価格が上がっている際には毎月の購入金額が上がってしまうという特徴があります。

たとえば、S&P500のように上昇し続けている指数に連動する商品の購入に、『定量購入法』を適用した場合、毎月の購入金額が上がり続けてしまい資金管理が難しくなってしまいます。

その点、ドルコスト平均法であれば、毎月同じ金額で積立購入できるので続けやすい投資手法だといえます。

ドルコスト平均法のメリットとは

  • 相場の上昇や下落に一喜一憂せずに投資可能
  • 少額でもすぐに投資が始められる
  • 自動で積み立て

相場の上昇や下落に一喜一憂せずに投資可能

価格の下落局面などは、メンタル的に大きな負担となる場合があります。

特に投資金額が大きかった場合は、最悪の場合仕事が手につかなくなるという人もいます。

僕がコロナショックの際に400万円分一気に投資して含み損が-100万円をこえた際はさすがにメンタルに負担がかかっていました。(それでも仕事が手につかなくなるということはありませんでしたが。)

その点、積立投資なら価格変動リスクを抑えられることもあるので、メンタルにそれほど負担を感じずに済みます。

大きく値下がりすれば、それだけ多くの口数を購入できます。

こう考えると、なおさら安心して投資を継続できます。

少額でもすぐに投資が始められる

積立投資は毎月5,000円、1万円などと非常に少ない積立額で投資を始めることができます。

ある程度のまとまった投資資金が準備できてから投資を始めるのでは、機会損失が大きいです。

少ない金額でもドルコスト平均法で積立投資しておけば、将来の資産が大きく変わってきます。

自動で積み立て

積立投資は一度、投資対象と毎月の積立額を決めてしまえば、自動で投資してくれます。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

投資初心者でも『80点取れる投資手法』

マーケットの情報収集は不要で、売買タイミングも考える必要がありません。

さらに投資資金が一定なので、資金管理もしやすいです。

ドルコスト平均法のデメリットとは

  • 売却時点で価格が下落していると元本割れのリスクがある
  • 短期的な値上がり益(キャピタルゲイン)は狙えない
  • 毎月の手数料負担が積み上がる
  • 機会損失の発生

売却時点で価格が下落していると元本割れのリスクがある

購入した時点の価格よりも売却時点の価格下落していると、投資元本を割るリスクがあります。

投資開始から投資期間の中間あたりまでで下落相場となり、売却時点にかけて上昇していく流れとなれば、値上がり益(キャピタルゲイン)が得られます。

これとは反対の動きや流れとなるような場合には損失が発生する可能性があります。

確実に将来値上がりが期待できるインデックスファンドへ積立投資する必要があります。

短期的な値上がり益(キャピタルゲイン)は狙えない

積立投資は毎月少額で積み立てていく投資スタイルなので、短期的に大きな利益を出したい人には不向きです。

つまり、価格が低い時に一気に買い、大きく上がったら売却する投資手法ではないです。

購入単価が平準化されているために短期で上がったとしても、売却時の資産が大きく増えるということはありません。

毎月の手数料負担が積み上がる

積立投資の場合には買付けにかかる毎月の手数料も積み上がり、手数料を多く負担しなければならない場合があります。

投資期間が中長期に及ぶことも多い積立投資の場合、この費用負担も重くなる可能性があります。

そのため、ネット証券などで、ノーロード(購入時の手数料がゼロ)の投資信託に積立投資することをおすすめします。

機会損失の発生

ドルコスト平均法は、十分な運用資金がある場合には機械損失につながることがあります。

例えば、手元に120万円ある場合、一括購入であればその時の金額で一気に投資の恩恵を受けられます。

しかし、ドルコスト平均法で毎月1万円ずつ購入していった場合、10年間で投資することになります。

この際に投資できていない資金が超低金利の銀行の預金口座に預けておくことは機械損失が発生しているといえます。

ドルコスト平均法はどんな人向き?

  • 無理なく少額投資を始めたい投資初心者
  • 仕事や家事で忙しい人
  • まとまった資金がない人
  • 長期投資で自分年金を用意したい人

無理なく少額投資を始めたい投資初心者

投資初心者は、投資といっても何に投資したらよいか分からない方が多くいらっしゃいます。

投資経験も投資の知識も少ないときからまとまった資金を投資するのは危険です。

そのような投資初心者にはドルコスト平均法を用いた投資信託の購入が向いているでしょう。

機械的に購入していくドルコスト平均法の場合、投資経験や投資の知識もなく投資を始めることができます。

仕事や家事で忙しい人

普段は仕事や家事などで忙しく、中々投資のことを考えている時間がないという人に向いています。

毎月自動的に購入してくれて、毎月資産を確認する必要もなく愚直に投資し続けていく投資手法です。

時間がなくても投資はしたいという人に最適な投資方法となります。

まとまった資金がない人

資信託の積立投資なら少額で定期的に積み立てていくので無理なく投資を始めることができます。

毎月5000円もあれば長期間にわたって投資し続けることが可能です。

まとまった資金が準備できるようになってから毎月の投資資金を増やすといった手法も有効です。

長期投資で自分年金を用意したい人

ドルコスト平均法が最も適している人は、長期投資したい人です。

長期投資で、老後2000万円不足問題を解消したい人に向いています。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

20代から40代に提案する『老後2000万円問題』の具体的な解決方法

10年~30年かけてこつこつと積立投資していくのであれば、リスクを低減できるドルコスト平均法の活用はきわめて重要な戦略となります。

まとめ

ドルコスト平均法のメリット・デメリットと向いている人をまとめると下のようになります。

ドルコスト平均法のメリットとは

  • 相場の上昇や下落に一喜一憂せずに投資可能
  • 少額でもすぐに投資が始められる
  • 自動で積み立て

ドルコスト平均法のデメリットとは

  • 売却時点で価格が下落していると元本割れのリスクがある
  • 短期的な値上がり益(キャピタルゲイン)は狙えない
  • 毎月の手数料負担が積み上がる
  • 機会損失の発生

ドルコスト平均法はどんな人向き?

  • 無理なく少額投資を始めたい投資初心者
  • 仕事や家事で忙しい人
  • まとまった資金がない人
  • 長期投資で自分年金を用意したい人

僕は投資信託の購入でこのドルコスト平均法を活用しています。

日本株、J-REITと米国株、米国ETFは一括投資で行っています。
投資信託の評価損益公開【2021年1月】

日本株、J-REITの評価損益公開【2021年1月】

米国株、米国ETFの評価損益公開【2021年1月】

ドルコスト平均法のメリットデメリットをしっかりと理解して、ご自身の投資戦略に組み入れてみてください。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました