ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の評価損益公開【2021年1月】

仮想通貨
スポンサーリンク

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の評価損益公開【2021年1月】

おはようございます。えいぎょです。

今回は、毎月恒例のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の評価損益公開です。

この記事を読むことで、僕が保有している仮想通貨の種類と投資額、評価額が分かります。

また、最近値上がりしている要因についてもトピックスとしてまとめています。

それでは、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

仮想通貨の評価額まとめ

仮想通貨に関する先月の記事はこちらを参照ください。

仮想通貨【Coincheck_2020年12月】

僕が仮想通貨に投資した金額について月ごとにまとめました。

  • 4月・・・3万円
  • 5月・・・2万円
  • 8月・・・5万円
  • 9月・・・20万円
  • 12月・・・45万円
  • 合計・・・75万円

4月の仮想通貨取引を始めたころは、とにかく最低限のリスクではじめたいと考えて3万円から開始しています。

自分の大事な資産ですから、仮に評価額が0になってもメンタル的に耐えられる金額でスタートしました。

7月にビットコイン価格が上昇し、8月には資産の約1%を保有する目的で追加で5万円分購入し、投資金額を10万円にしました。

9月には、総資産の約3%を保有する目的に変更し、追加で20万円購入し投資金額を30万円としました。

12月には、ビットコインの評価額が暴騰したので、この波に乗るためにさらに45万円分を追加購入し、投資金額を75万円としています。

ツイッターで、『4月時点で20万円分購入していたビットコインが、現在170万円になっている』というつぶやきを見ましたが、僕には最初から20万円も投資する勇気はありませんでした。

それでも、大きな評価益が発生しているので良かったと思います。

現時点で、ビットコインに投資されていない方は、少額で良いので投資してみることをオススメします。

正直、ビットコインは投機的な要素もあると思います。

しかし、そうとわかった上でこの波に少しでも乗れれば、資産を増やすことが出来ます。

どこかで利益を確定させるのか、もしくは保有し続けるのかという議論はこれからどんどん出てくると思いますが、現時点ではまだ購入すべきだと思います。

※僕は現在の投資金額75万円以上投資する予定はなく、ひたすらホールドする予定です。

PayPal取り扱い暗号資産[BTC,ETH,LTC,BCH]のチャート比較

2020年10月に米決済大手のPayPalが、暗号資産の売買・管理を開始する方針を発表しました。

対応銘柄は下記の4つです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

そこで、これらを代表的な4銘柄と考えてチャート比較を行いました。

  • 青色・・・ビットコイン(BTC)
  • 橙色・・・イーサリアム(ETH)
  • 緑色・・・ライトコイン(LTC)
  • 黄色・・・ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコイン(BTC)以外の3銘柄の取引開始タイミング(2017年8月)から比較したチャートになりますが、ビットコイン(BTC)のパフォーマンスが圧倒的に良いです。

続いて過去1年間に絞ってチャート比較を行いました。

  • 青色・・・ビットコイン(BTC)
  • 橙色・・・イーサリアム(ETH)
  • 緑色・・・ライトコイン(LTC)
  • 黄色・・・ビットコインキャッシュ(BCH)

2020年1月を起点としたチャート比較では、橙色(イーサリアム/ETH)が青色(ビットコイン/BTC)を上回りました。

以上のことより、現在ビットコイン(BTC)100%で保有している仮想通貨ですが、イーサリアム(ETH)へも投資資金を割り当てようと思います。

他の2銘柄ライトコン(LTC)とビットコインキャッシュ(BCH)と、代表4銘柄以外の仮想通貨はリスクが高すぎると考え保有する予定はありません。

仮想通貨における【Crypt(クリプト)】とは

仮想通貨の英語の正式名称のことです。

仮想通貨=Crptocurrency(クリプトカレンシー)となります。

暗号=Crypto
通貨=Currency

海外のニュースを見る際や海外投資家の発言で、Cryptcurrencyと出てきた際は仮想通貨のことだと分かります。

覚えていると情報収集時に役に立ちます。

今後の仮想通貨への投資戦略

先月の記事では、投資金額を50万円に増やすことを検討しているところでした。

しかし、これにボーナスの手取り分(生活費10万円を引く)25万円をそのまま仮想通貨への投資に回し、投資金額を75万円に増やしました。

僕のボーナスは大学院卒で手取り35万円と多い方ではないと思います。

そして、ほとんどのサラリーマンが投資に回す金額は、ボーナスの一部だと思います。

このボーナスが低い劣等感を跳ね返すため、ボーナスでいただいたお金の大半を投資に回しています。

こうすることで、僕としては割と大きな金額を投資に回せていると思い、劣等感を払拭しています。

仮想通貨は現在、暴騰しています。

そのため、ここから追加投資は考えていません。

追加するとしても25万円ですが、この金額分はすぐに値上がりしてしまいそうな勢いだからです。

値上がりしても、ひたすらホールドし続けられるよう仮想通貨の可能性を調査していきます。

このブログとTwitterで随時情報発信していきます。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました