日本株『DXJ』vs 中国株『CXSE』【国別の過去リターンを徹底比較】

先進国株
スポンサーリンク

日本株『DXJ』vs 中国株『CXSE』【国別の過去リターンを徹底比較】

僕は、2020年1月の中国出張で中国の経済の力強さを感じました。タクシーはアプリで手配できるし、食べ物はおいしいし、高層マンションは多いし、高級車ばかり走ってるし、空気は汚いし。笑 出張前は中国のことを馬鹿にしていましたが、出張後は中国のことを凄いと感じるようになっていました。そんな中、中国人女性と知り合ってラインを交換し、中国株投資のリターンの大きさを見せつけられ、マネックス証券を口座開設して中国株投資デビューしました!!

僕の中国株投資の結果はこちら・・・

とまあギャグみたいな展開でしたが、今回はそもそも日本株と中国株はどちらが優れているのか比較してみました。

えいぎょ
えいぎょ

結論・・・日本株『DXJ』の方が優れる。

しかもどの面からみても日本株の方が優れていました。中国株は2021年から急速ブレーキがかかっていて全く魅力がない投資先となっています。中国への投資を検討されている方がいらっしゃいましたら、一度ご覧になっていただきたいと思います。中国株式市場は全く魅力ないですよ!!それでは、是非最後までご覧ください。

日本株『DXJ』vs 中国株『CXSE』【企業概要】

スポンサーリンク

日本株『DXJ』の企業概要

ウィズダムツリー日本ヘッジド・エクイティファンドは米国籍のETF(上場投資信託)。 ウィズダムツリー日本ヘッジド・エクイティ指数に連動する投資成果を目指す。米ドルと日本円の為替変動リスクを中和する一方で、日本国籍で東京証券取引所上場の有配企業に投資する。

Bloombergから引用

中国株『CXSE』の企業概要

ウィズダムツリー・トラスト-ウィズダムツリー中国(除国有企業)ファンド(WisdomTree China ex-State-Owned Enterprises Fund)は、米国籍のETF(上場投資信託)。発行済株式の政府による保有率が20%未満の中国株へのエクスポージャーの提供を目指す。

Bloombergから引用
えいぎょ
えいぎょ

中国株『CXSE』の発行済み株式の政府による保有率が20%未満の中国株という点がポイントです。中国企業には政府が20%以上も保有している企業があるんだ~って思いました。中国っぽいといえば中国っぽいですね。まあでもこの中国株『CXSE』を購入すれば20%未満の中国株しか買わないようにできます。って・・・え?20%未満でも政府が保有しているの?って感じです。

日本株『DXJ』vs 中国株『CXSE』【基本情報】

銘柄名日本株『DXJ』中国株『CXSE』
運用会社ウィズダムツリー・インベストメンツ ウィズダムツリー・インベストメンツ
発行年月(運用年数)2006年6月16日2012年9月19日
運用総額約1,900億円(第209位) 約1,130億(第248位)
株価(購入しやすさ)7,144円5,868円
経費率0.48%0.32%
配当利回り1.45%0.93%
配当月6月,12月6月,12月
投資対象東京証券取引所上場の有配企業 発行済み株式の政府による保有率が
20%未満の中国株
えいぎょ
えいぎょ

どちらのETFも、今まで比較してきた米国ETFと比べると人気がないです。発行年月(運用年数)、運用総額、配当利回りでは日本株『DXJ』が優れています。株価(購入しやすさ)、経費率では中国株『CXSE』が優れています。どちらの銘柄も配当月が6月、12月の2回です。日本株に投資していると普通に感じる年2回の配当ですが、米国株の年4回の配当と比べると魅力はかなり落ちてしまいますね。

日本株『DXJ』vs 中国株『CXSE』【シミュレーション結果】

ポートフォリオの割合

  • 日本株『DXJ』
  • 中国株『CXSE』

リスク&リターン面

  • 日本株『DXJ』:7勝
  • 中国株『CXSE』:0勝
銘柄名 日本株『DXJ』 中国株『CXSE』
運用後の金額22,713ドル22,555ドル
年率9.93%9.84%
標準偏差17.68%21.99%
最低成績の年率リターン -19.75%-28.54%
最高値からの最大下落率 -30.57% -35.36%
シャープレシオ0.590.51
ソルティノレシオ0.870.76
項目意味
Portfolio
(ポートフォリオ)
ポートフォリオの名称
Initial Balance
(初期投資額)
運用前の金額
Final Balance
(最終残高)
運用後の金額
CAGR
(年平均成長率)
1年あたりの平均成長率
Stdev
(標準偏差)
価格変動の幅
Best Year
(最高の年)
最高成績の年率リターン
Worst Year
(最低の年)
最低成績の年率リターン
Max.Drawdown
(最大ドローダウン)
最高値からの最大下落率
※この値を抑えられていると安心して投資可能。
Sharpe Ratio
(シャープレシオ)
リターンをリスク(価格変動)で割った数値。高いほど良い。
Sortino Ratio
(ソルティノレシオ)
リターンを下落リスクで割った数値。高いほど良い。
※この値が大きいと、下落時の変動に対してリターンが大きくなる。
US Mkt Correlation
(米国市場相関)
株式市場との相関係数。1に近いほど株と同じ値動きをする。
※0に近ければ、株の下落相場に強くなる。
えいぎょ
えいぎょ

リスク&リターン面・・・日本株『DXJ』の勝ち

数字自体を評価した場合、どこをとっても日本株『DXJ』の方が優れています。

キャピタルゲイン (収益面)

  • 日本株『DXJ』
  • 中国株『CXSE』
えいぎょ
えいぎょ

キャピタルゲイン(収益面)・・・ 日本株『DXJ』の勝ち

チャートは最後くっついているように見えますが、2021年のリターンが勝っている日本株『DXJ』の方が優れていると思います。中国株『CXSE』は2020年のコロナショック後の急回復で一気に日本株を抜き去りましたが、その後の旧ブレーキにより一気に落ちています。

インカムゲイン (収入面)

  • 日本株『DXJ』:9勝
  • 中国株『CXSE』:0勝
えいぎょ
えいぎょ

インカムゲイン(収入面)・・・ 日本株『DXJ』の勝ち

圧倒的ですね。

トータルリターン

  • 日本株『DXJ』:181.0%
  • 中国株『CXSE』:140.8%
えいぎょ
えいぎょ

トータルリターン・・・日本株『DXJ』の勝ち

2020年までだと、中国株『CXSE』の勢いが半端なく中国株への投資を始めた方がいいんじゃないかと思いそうです。しかし、2021年に入ってからの急減速により魅力は大きく下がっています。クソです。

まとめ

  • リスク&リターン面・・・日本株『DXJ』の勝ち
  • キャピタルゲイン(収益面)・・・日本株『DXJ』の勝ち
  • インカムゲイン(収入面)・・・日本株『DXJ』の勝ち
  • トータルリターン・・・日本株『DXJ』の勝ち
  • 結論・・・日本株『DXJ』の方が優れる
えいぎょ
えいぎょ

結果は日本株『DXJ』の方が優れていました。中国株投資で大失敗した僕ですが、そもそも中国株に投資するメリットなんて一つもなかったようです。悲しいです。笑 中国株投資ってどうなのかな~って悩んでいる方は悩む必要もないことが分かったと思います。中国株には投資する価値はありません!!!日本にいながら、なぜわざわざリターンの低い中国へ投資する必要があるのでしょうか。日本株よりも大きなリターンを求めたいのであれば、米国株ですよ。もう一度言います。米国株ですよ。これからも引き続き情報発信していきたいと思います。じゃまた!!

僕の米国株米国ETFポートフォリオはこちら

世界への投資か、米国への投資で迷ったら・・・全米株式『VTI』がオススメ

S&P500『SPY』か全米株式『VTI』で迷ったら・・・全米株式『VTI』がオススメ

ナスダック100『QQQ』か、全米株式『VTI』で迷ったら・・・ナスダック100『QQQ』もアリ

ダウ工業株『DIA』か、全米株式『VTI』で迷ったら・・・全米株式『VTI』がオススメ

長期債券にも興味が出てきたら

コメント

タイトルとURLをコピーしました