不用品がお金になる『フリマアプリ』のメリット・デメリット

節約術
スポンサーリンク

不用品がお金になる『フリマアプリ』のメリット・デメリット

メリット
①断捨離が進む
②セールスライティング能力が高まる
③不用品を買わなくなり節約できる

①断捨離が進む
フリマアプリを使うことによって、得られる一番のメリットは断捨離が進む点だと僕は思います。
断捨離を進める上で捨てるかどうか迷うものの中には、『高かったから捨てるもはもったいない』
→『一応残しておこう』と考えることが多いのではないでしょうか。
しかし、フリマアプリを使っていれば、捨てるか迷っているものが『お金』に変わるのです。
そうであれば、どんどんフリマアプリに出品して売っていけば良いですよね。

また、僕にとっては不用品でも、他の方にとっては魅力的な品で大切に使ってもらえます。
不用品を売って感謝の言葉をいただける。これって嬉しくないですか?

②セールスライティング能力が高まる
出品した商品の紹介文を書く必要があります。回数をこなしていけば売れやすい文章の書き方というものが分かってきます。
僕も出品経験が浅い時は、出品経験豊富な方の紹介文や、フリマアプリの本など読んで勉強しました。
使用すれば使用するほどに経験値が上がり、売れやすくなっていきます。
結果がすぐにでるので、やっていて楽しいですし続けやすいと思います。

③不用品を買わなくなり節約できる
フリマアプリでは価格を自分で決めます。後から考えると、もう少し高くしても売れていたなとか気づくことがあります。
価格をつける際は、事前に同じような商品の価格帯をフリマアプリで調べたりしてだいたいの目安にしたり、『このような価格で売れてます。』といったような価格が表示されたりもします。
これにより、フリマアプリで売れそう売れなさそうといった、ものの価値を見る目が養われます。
結果として、自分自身のショッピングの際に不用品を買わなくなり、節約することができます。

デメリット
①不用品がすぐに捨てられない
②意外と手間が増える
③トラブルに合うこともある


①不用品がすぐに捨てられない
不用品はフリマアプリで売れた際は、梱包して出品する必要があります。
そのため、すぐには捨てれずに保管しておかなければなりません。
僕の場合ですと、扉の後ろ側に出品している商品をかごに入れて保管しています。
不用品なのに場所をとる点がデメリットです。

②意外と手間が増える
当然ですが、梱包して出荷する作業が増えます。
梱包材は、百円均一で購入したりしています。
僕の場合ですと、利便性を考えてローソンから発送していますが、
それでもやはり手間です。
商品の金額が大きい場合は頑張れますが、金額が小さい場合はこの手間は
大きなデメリットとなります。

③トラブルに合うこともある
一度、僕もトラブルを経験しました。
この時は、僕が販売者、相手が購入者だったのですが、
お互いメッセージで文句を言いあって精神的に本当に辛かったです。
この経験は他の記事で改めてまとめますが、これもデメリットではあります。
しかし、77件の取引中1件ですので確率は低いです。
また、トラブルは未然に防げるものですので、
僕が改めて書くフリマアプリトラブルの記事など参考にして
対策しておけば、ほぼリスクはないと思います。

ちなみに僕の場合は、販売手数料が3.5%と安い楽天ラクマを使っています。
メルカリの方が登録者数が多いため売れやすいそうですが、販売手数料10%が
気に入らないので楽天ラクマを使用しています。

まとめ
①断捨離が進む
②セールスライティング能力が高まる
③不用品を買わなくなり節約できる

以上のメリットを得ることができます。しかし確かにデメリットも同時に存在しますので、
そのメリットデメリットを考慮してフリマアプリを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
良くも悪くも人生が変わると思います。

昨日より豊かな人生を。
じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました