早起きのコツとメリット

生活術
スポンサーリンク

早起きのコツとメリット

えいぎょの起床時間

最近の平日起床時間は【4時45分】です。もともとは5時50分でしたが、ブログを書く時間を捻出するため4時45分になりました。このブログを書いてから一日が始まるので、一仕事終えてから職場に行き、働いているような状態です。すると、他の同僚と比べて自分は一歩前に進んでいるという感覚になり、仕事へのモチベーションに繋がっています。

早起きのメリット

一日の仕事量を増やすことができる。

僕は朝の方が断然仕事がはかどります。これには個人差があるかもしれません。仕事がはかどる朝の時間を増やすことにより、一日の仕事量を格段に増やすことができます。例えば、朝は一日で行った『判断の回数』がまだ0回の状態です。その状態で仕事を行うのと、夕方の様々な判断を下してからの仕事と差がついて当然です。僕の場合ですと、10月からブログを開始しました。最初はどの時間帯に書こうか迷いましたが、夕方帰ってからであれば子供と遊ぶ時間があって、子供をほったらかしにしてブログなどできないと思いました。そこで、妻も子供も起きていない早朝に起きてブログを書けば良いと考え今日に至ります。

夜眠くなり睡眠の質が向上する。

夜なかなか眠くならない時期がありました。ベットに入っても、なかなか寝付けずにプレッシャーを感じてしまい悪循環に陥る時期がありました。そういったことがなくなりました。極端に早起きになっていれば、夜にはいつも眠くなってきます。早めにお風呂に入り、のんびりしていると睡魔がおそってくるので、その睡魔に身を任せる感じです。眠くなってから眠るのと、眠くなくても無理やり眠るのとでは差が大きい気がします。寝つきが悪い方は、一度試してみる価値があると思います。

精神的に良い

朝の活動が増えるので、一日の仕事量が増えます。これが他の人より成長していると実感できます。
朝眠いので、二度寝三度寝を繰り返して会社にギリギリに行く場合と比べて明らかに精神状態が良いです。自分が頑張っていると感じることができるので、自己満足に繋がります。その自己満足が自信に繋がり、自信を持って仕事をしているのでパフォーマンスも向上します。パフォーマンスが向上すると認められてと良いサイクルを形成することができます。

早起きのコツ

一度目のアラームで起き上がる。

この方法は、ショートスリーパーを育成する会社の社長がオススメしていた方法です。
アラームがなって気が付くと、すぐに立ち上がります。すると眠気もすぐに引いてきて起きることができます。スヌーズ機能を使って、二度目のアラームが鳴ると謎の罪悪感が出てきませんか。二度目、三度目となるとどんどん自分がダメな奴だと思えてきて、『えーい、どうでもいいや早起きなんて。明日から頑張ろう』となりませんか。人間は意外と意思が弱いです。こういった現象を明日から直してみてください。

寝る一時間前はスマホを見ない

これの効果も絶大です。自分の体で実験しているので、自信を持ってお伝えすることができます。
スマホを見ると脳が覚醒してしまいます。これはブルーライトを低減させていてもあまり関係ないように思えます。パソコンやスマホなどを寝る直前まで見ていると、もちろん寝つきは悪いですし、翌朝の倦怠感が半端ないです。寝る直前の行動によって、7時間から8時間分の睡眠時間を無駄にしているのです。今日からこの習慣はやめてください。スマホを見るのは、翌朝でも全く問題ないはずです。

朝コーヒーを飲む。

僕の習慣ですが、朝コーヒーを片手にブログを書いています。インスタントのコーヒーですが、マリメッコのマグカップで飲んでいます。これをやると、まずコーヒーのカフェインで覚醒されます。また、僕がコーヒー好きということも関係あると思うのですが、幸せな気分になります。また何よりも一番重要なことが、『早起きしてコーヒーを飲む』ってカッコよくないですか。自分に酔いませんか。まるでアメリカ人のような感覚になりませんか。僕はたばこは吸いませんが、たばこを吸っているとかっこいいみたいなことを感じてたばこを吸っている方もいらっしゃると思います。しかし、それがコーヒーであれば健康にも良いし、自分にも酔って満足感を得ることができます。オススメです。

早起きのまとめ

今日は早起きに関して、早起きのメリットと早起きのコツを紹介しました。早起きすることに関して、一言でまとめると『一度目のアラームで起き上がり、すぐにコーヒーを入れて自分に酔う』になります。今日はいつもの時間に起きていると思うので、明日から早起き習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

人生を昨日より豊かに。
じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました