配当金、副業収入一覧【2021年3月】

資産運用歴
スポンサーリンク

配当金、副業収入一覧【2021年3月】

今回は、毎月恒例の配当金、副業収入一覧の発表です。

この記事を読むことで、具体的にどの銘柄を購入すれば配当金がどの程度もらえるのか分かります。

また、僕が現在取り組んでいる副業収入の変化が分かります。

それでは是非、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

配当金、副業収入一覧【2021年3月】

項目金額
米国株、米国ETFの配当金9,416円
日本株、J-REITの配当金8,056円
楽天ポイント1,431円
ブログ収入(Google AdSense)724円
Coincheckでんき ビットコイン付与749円
合計20,376円
配当金、副業収入一覧【2021年3月】

先月の記事についてはこちらを参照してください。

配当金、副業収入一覧【2021年2月】

高配当株投資など、投資商品からの毎月の配当金を一括管理するのにオススメのアプリは『配当管理アプリ』です。

『配当管理』アプリの使い方とおすすめする理由

今月は楽天ラクマの売り上げが0円でした。

しかし、新たな収入源としてブログ収入(Google AdSense)【2021年3月】、Coincheckでんき ビットコイン付与【2021年3月】を加えています。

Coincheckでんき ビットコイン付与【2021年3月】は今までも入金されていましたが、今回から初めて計算に加えるようにしています。

一方でブログ収入(Google AdSense)【2021年3月】は、今月初めて収益が発生しましたので、今月から計算に加えるようにしています。

米国株、米国ETFの配当金【2021年3月】

セクターティッカー株価保有株数配当利回り配当金
ETFPFF4,187円534.66%631円
ETFLQD14,195円132.60%280円
ETFSPYD4,228円126.61%2,268円
ETFVYM11,156円162.58%833円
ETFVWO5,665円1710.53%929円
エネルギーXOM6,301円296.06%1,999円
素材GOLD2,213円1001.79%675円
資本財・サービスLMT40,924円22.79%413円
ヘルスケアJNJ18,227円62.43%481円
情報技術V23,548円50.60%129円
情報技術IBM14,914円64.80%777円
合計11銘柄413株9,416円
米国株式、米国ETFの配当金【2021年3月】

先月獲得した米国株、米国ETFの配当金は合計で9,416円でした。

税引き後でこの金額をいただけたので、高配当株はほんとうにありがたいです。

PFFとLQDは毎月配当金をもらえるので、配当金の管理も行いやすいです。

毎月分配の米国ETFである[LQD][PFF]のご紹介

高配当株ETFと思えないほどVYMは利回りが低いですが、その分値動きに安定感があります。

[VYM][HDV][SPYD]米国高配当ETFの徹底比較

新興国ETFのVWOへ合計で約100万円程度投資資金を増やしていますが、さすがに配当利回りが低く配当金は少ないです。

[VTI][VEA][VWO]地域別ETFの徹底比較

最近は、高配当株よりも成長株に魅力を感じているため、VTIやVWOへの投資比率を高めています。

しかし、月々入ってくる配当金はやはり減ってしまいます。

配当利回りを優先するのか、株価の値上がり益を優先するのかといったことを再度検討し、しっかりと戦略を立てていきたいと思います。

日本株、J-REITの配当金【2021年3月】

セクター保有銘柄名株価保有株数配当利回り配当金
J-REITNFJ-REIT1,969円200株(うち100株は売却済み)3.08%2,646円
ゴム製品ブリジストン4,630円11株2.81%526円
サービスCDS1,502円28株3.33%558円
サービスジェイエイシーリクルートメント1,782円18株3.93%1,148円
食料品日本たばこ産業2,160円55株6.02%3,008円
証券会社貸株金利170円
合計6200株8,056円

先月獲得した日本株、J-REITの配当金は合計で8,056円でした。

両学長おすすめJ-REITにそれぞれ200株投資していました。

しかし、東証リート指数の値動きが株よりも若干大きく暴落に弱いという特徴を知り100株ずつ利益確定しました。

利益確定してからも値上がりが続いているため、現在の価格帯でもまだ投資妙味があるかもしれません。

両学長おすすめJ-REIT3選で毎月家賃収入を得る方法

ブリジストン、CDS、ジェイエイシーリクルートメント、日本たばこ産業はいずれもSBIネオモバイル証券で保有しています。

1株単位で購入可能なため、少ない資金でも投資先を分散させることができます。

楽天証券の貸株金利も毎月安定して入ってきます。

設定するだけで毎月安定して入金されるので、非常にありがたいです。

『貸株』は絶対に取り入れるべき理由と注意点まとめ

楽天ポイント【2021年3月】

先月獲得した楽天ポイントは1,431ポイントでした。

楽天市場で買い物を行っていませんが、月々の支払いをクレジットカード払いにしているので毎月一定額のポイントが入ってきます。

月々のクレジットカードで支払いを行っているリストは下の通りです。

  • 投資信託の毎月積立(5万円分)
  • 電気代
  • ガス代
  • インターネット代
  • 携帯代
  • ガソリン代
  • 生命保険料
  • コンビニで使うお金(楽天ペイ)

月々必ず必要となるお金ですので、これらの合計金額の1%が楽天ポイントで還元されるので非常にありがたいです。

ちなみに僕は、通常の楽天ポイントはほぼ投資信託の購入に充てています。

投資信託の評価損益公開【2021年3月】

一方で、水道料金は銀行口座からの引き落とししか対応しておらず、クレジットカード払いにできません。

しかもネット銀行にも対応していなかったので、改善されることを期待しています。

ブログ収入(Google AdSense)【2021年3月】

先月獲得したブログ収入(Google AdSense)は724円でした。

少ないと思われる方もいらっしゃると思いますが、この金額は僕の中で衝撃的に大きな金額です。

本業ではなく、自分の力で稼ぐということは本当に大変だからです。

先月までは、広告を適当に貼っていて広告収入は期待していませんでした。

案の定、広告収入が0円の状態が続いていて、本当にこのブログが読まれているのか不安に思っていました。

ところが、先月たまたま広告が一回クリックされて41円の収益がありました。

そこで今月はしっかりと広告を貼ってみると、毎日1円ずつ入ってくるようになり、多い時は一日100円以上入ってくる日もありました。

ブログを日々更新していると、コンテンツとしては情報が増えて確実に良くなっていきます。

また、僕自身も投資情報の発信を通じて知識が増えてきていますし、文章も上手になってきているような気もしています。

自分の投資能力も高まるし、それを喜んでみていただける方もいらっしゃる。

ブログ収入が増えればよいなとは思いますが、現時点でも非常に大きなメリットを享受しています。

Coincheckでんき ビットコイン付与【2021年3月】

先月獲得したCoincheckでんき ビットコイン付与は749円(0.00011522BTC)でした。

現在、ビットコイン価格は非常に大きく上昇しているため、ここから買いに入る勇気はありません。

しかし、毎月の電気代から一定額ビットコインを付与されて、何の痛みを感じることなく積立投資することができます。

仮想通貨『ビットコイン』を無料で始める方法

このメリットは現時点で考えているよりもはるかに大きな恩恵を受ける可能性があります。

ビットコイン価格は右肩上がりの値動きを終えて、現在ボックス相場の状態になっています。

あまり積極的に追加投資しようという気にはなりません。

ただしビットコインは、機関投資家の参入や、テスラなどS&P500に採用されている企業も購入しているため信頼性は確実に高まっています。

将来は、現在価格が安かったと思えるほど値上がりする可能性もあります。

そこで、このCoincheckでんきを利用し、毎月少額ですが自動的に積立投資を行うことで将来大きな恩恵を受ける可能性を残すことができるのです。

配当金、副業収入【2021年3月】

今月は合計で20,376円の配当金、副業収入をゲットすることができました。

よって、3月分は1/3の7,000円を妻に渡す予定です。

今月は妻に渡せる金額も1万円を超えると思っていましたが、残念ながら1万円を超えることはできませんでした。

4月は、配当金を出す銘柄が少なく金額が減ってしまう可能性が高いです。

一方で、新たにブログ収入が入ってくるようになったので、どこまで伸ばすことができるのか挑戦していきたいと思います。

引き続き、有益な情報を発信し、多くの方の人生を良くして投資で資産が増えていくブログに成長させていければと考えています。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました