配当金、副業収入一覧【2020年11月】

資産運用歴
スポンサーリンク

配当金、副業収入一覧【2020年11月】

こんにちは、えいぎょです。

今回は毎月恒例の配当金、副業収入一覧の発表です。

僕は、副業収入を生活費の半分である10万円をもらうことを目標として掲げています。

これがえいぎょ@ブラック投資研究室という名前にした理由です。

この記事を読むことで、どういった銘柄を購入すればどの程度の配当金がもらえるかといった情報を得ることができます。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

配当金、副業収入一覧

項目金額
国内株式2,853円
米国株式5,280円
ラクマ4,681円
楽天ポイント2,668円
合計15,482円
配当金、副業収入一覧

内訳詳細

国内株式

毎月安定的にJ-REITで分配金をもらえるため、2,853円は無難にゲットできました。

来月も他のJ-REIT銘柄が分配金を出してくれるので、毎月配当金を楽しむことができます。

J-REITの具体的な銘柄と投資方法に関しては下の記事で紹介しています。

両学長おすすめJ-REIT3選で毎月家賃収入を得る方法

ただし、J-REITは他の指数と比べてコロナショックからの回復が鈍いです。

保有銘柄株価保有株数配当利回り配当金
ONE ETF 東証REIT1,722円200株3.16%2,853円
国内株式

米国株式

多くの銘柄を持っているため毎月複数銘柄から配当金をゲットしています。

自分で管理できないほどの銘柄数だと思っていたのですが、一括管理できる便利なアプリを発見して利用し始めてからは一括管理が非常に便利になりました。

『配当管理』アプリの具体的な使い方などはこちらの記事でまとめています。

『配当管理』アプリの使い方とおすすめする理由

今月分配があったT(AT&T)とVZ(ベライゾン・コニュニケーションズ)は通信セクターです。

通信セクターは5G投資が活発化する際に恩恵を受けるとされています。

配当利回りも非常に高いので、来月買い増しするかもしれません。

現時点では、ヘルスケアセクター、通信セクタ、債券ETFあたりで検討しています。

保有銘柄株価保有株数配当利回り配当金
CVS7,062円14株2.95%596円
VZ6,303円24株4.14%1,128円
T3,020円32株7.15%1,248円
PFF3,935円53株4.80%591円
LQD14,357円13株2.45%278円
MA35,276円3株0.47%93円
AAPL12,131円4株0.70%65円
PG14,422円7株3.32%415円
PBCT1,338円2株5.53%29円
ABBV10,913円37株4.96%884円
UNM2,407円1株4.90%25円
合計5,280円
米国株式

ラクマ

10月にラクマを頑張ったので、その余韻で二点売れました。

配当を一覧で載せているので分かると思いますが、ラクマの4,681円の収入は非常に大きいです。

この金額を配当金でゲットしようとした場合は、仮に米国株で配当利回り3%として、222,905円を一年間保有する必要があります。

もちろん、ラクマで売れている商品はもともとの購入金額は大きいものがありますが、不用品で捨てようと考えているものなので、フリマアプリを活用しない手はありません。

フリマアプリ『ラクマ』のメリットデメリットに関しては、下の記事で紹介しています。

不用品がお金になる『フリマアプリ』のメリット・デメリット

12月は年末で大掃除などするので、不要品が出てきた際はフリマアプリを活用しようと考えています。

商品名金額
BLACK LABEL CRESTBRIDGE ニット4,570円
進撃の巨人 17巻111円
合計4,681円
ラクマ

楽天ポイント

今月は先月と比較して、ゲットした楽天ポイントが減りました。

先月の楽天ポイントはこちらを参照してください。

配当金、楽天ポイント収入一覧【2020年10月】

クレジットカードももちろん楽天のものを利用していて、月々の支払いをできるかぎり楽天カードで行っています。

また、日ごろコンビニなどは徹底して決済アプリの楽天ペイを使っているので、楽天カード払いと同じことになり楽天ポイントをゲットしています。

月々の支払いは決して0にはできないので、楽天ポイントをもらえるような仕組みを活用しています。

目標はサイドFIRE【月10万円ゲット】

僕の目標は、本業以外で月10万円の収入を得ることを目標としています。今月の結果としては、合計で15,482円となりました。

来月は配当金を出してくれる企業が多いため、多くの配当金が期待できます。

また、ボーナス月でもあるので高配当株につっこもうと考えています。

投資における分配金と配当金は、本業では得られないような伸びで増えていきます。

今後も高配当株の魅力を発信していければと考えています。

今後の戦略

引き続き日米の高配当株につみたて投資していく予定です。

最近は株価の過熱感が凄く、どこかで急落してしまいそうな気配があります。

株価の急落にも耐えられるような強固なポートフォリオにしていかなければなりません。

一つ確実にいえることは、【アマゾン】は買いません!!

人生を昨日より豊かに。
じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました