読書術よりも重要な『本の選び方』

勉強法
スポンサーリンク

読書術よりも重要な『読む本の選び方』

この人のブログは『いいな!!』と思える人が進めている本から選ぶ

自分で本を買って、読んでも・・・つまらない。なんてことはありませんか。

私は比較的多くの本を読んできた方だと思いますが、今まで何度もこのような経験をしました。

以前までの私は、本屋に並べられている新書のタイトルが面白そうなもの立ち読みして

良さそうだとと思えるものを片っ端から買っていました。

ただ結構な頻度で、読むに値しないようなしょうもない本に出会うのです。

①結局何が言いたいのか分からない本

②作者のクセが強い本 この作者多分性格合わない!!みたいな

③難しすぎて理解できない本

そのような多くの失敗をしてきましたが、たまに良書に出会うため、

同じような習慣を続けていました。

ただ、このやり方では無駄な本代がかかるし、大切な時間を奪われてしまいます。

効率の良い方法を模索したわけではないのですが、

結果としてたまたま発見した、最強の本の”選び方”は上でも述べた通り、

この人のブログは『いいな!!』と思える人が進めている本から選ぶ

これにつきます。

私が成長するために見ているブログやyoutuberの方々は、到底真似できないほどの本を読んでいます。

そういった尊敬している人が勧める本というのは、ほぼ良書です。

自分が尊敬している人をフィルターと考え、

その人(フィルター)を通して本を選んでいくようなイメージです。

この方法によって以下のメリットが得られます。

①本から得られる情報の質が上がる

②本から得られる有益な情報の量が増える

③有意義な読書時間を過ごすことができる

④無駄な本を買わなくなるので、本代を節約できる

いかがでしょうか。是非試してみてください。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました