タッチタイピンングのコツと習得すべき理由

仕事術
スポンサーリンク

タッチタイピンングのコツと習得すべき理由

タッチタイピングとは
パソコンやワープロにキーボード入力を行う際に、キーボード面の文字刻印に頼ることなく、指先の感覚だけを頼りにしてキーを叩くタイピング技法。
ブラインド・タッチ、タッチ・メソッドとも呼ばれる。
(Wikipediaより引用)

今回は、タッチタイピングを習得すべき理由をしっかりと理解し、
モチベーションを上げてからタッチタイピングのコツや練習方法を説明していきます。

タッチタイピングを習得すべき理由
①一度習得してしまえば、一生時間を節約できる。
②ストレスが減る。
③考える事に集中できる。

①一度習得してしまえば、一生時間を節約できる。
ブラインドタッチは地味ですが、何よりも習得すべきITスキルです。
なぜなら、一度習得してしまえば一生文章作成にかかる時間を節約できるからです。
確かに、ブラインドタッチの習得までは時間がかかりますが、
習得してしまえばその時点から一生時間を節約することができます。
僕は、大学生の時にあまりにも暇だったのでタッチタイピングのゲームをして習得しました。
その時は、将来役に立つか分からなかったのですが、タッチタイピングを習得していて
本当に良かったと今では断言できます。
ブラインドタッチはパソコンを持っている方には、必須スキルだといえます。

②ストレスが減る。
僕が高校生のころにパソコンの授業が取り入れられ、
キーボード入力する機会があったのですが、
とにかく文字を打つのに時間がかかるのでストレスでした。
その時は、パソコンを使うのはパソコン好きな人だけだから僕には関係ないと思い、
ほとんど授業を聞いていませんでした。
それほどに文字入力はストレスを感じます。
ブラインドタッチができない先輩の方などを見ていると、全角・半角入力を間違えていることに
気が付くのにも時間がかかっています。キーボードを見ているから、なかなか気づけないです。
しかし僕の場合は、常に画面を見ながら文字を入力しているのですぐに
異変に気が付くことができます。
そういった面でもブラインドタッチの習得は、ストレスを減らすことができるといえます。
メンタル面にもプラスの影響を与えるので、ブラインドタッチの練習頑張ってください。

③考える事に集中できる。
ブライドタッチができないと、キーボードを見て画面を見て文字を確認し、またキーボードを見て
画面を見て文字を確認しという作業の繰り返しとなります。
頭を上下にして、さらに文字入力には時間がかかるので何が何だかよく分からなくなります。
一方僕の場合であれば、文字入力したい内容をつぶやきながら、そのつぶやきが流れるように文章に
なっていくのです。これにより、創造的な仕事をしているような感覚に陥ることもできます。笑
文章の作成には、当然内容が大事ですので、その内容を考えることに集中できるメリットは大きいですね。

続いてタッチタイピング習得のためのコツを紹介します。

タッチタイピング習得のコツと練習方法
①指のホーム・ポジションを覚える。
②無料の練習ソフトを使ってみる。
③キーボードを見ずにひたすら入力する。

①指のホーム・ポジションを覚える。
タッチタイピングの習得を考えるうえで、一番に気を付けてほしいコツが
ホーム・ポジションです。
これを覚えずに我流で練習していると、後からの修正が難しく、
タッチタイピングの習得に時間がかかってしまします。
まず右手人差し指を、『J』のボタンに置きます。
『J』ボタンには突起があるので、その突起に引っかかる位置に手を置きます。
続いて左手人差し指を、『F』ボタンに置きます。
『F』ボタンには突起があるので、その突起に引っかかる位置に手を置きます。
たったこれだけのことですので、指のホーム・ポジションは必ず覚えてから
がっつり練習してください。

②無料の練習ソフトを使ってみる。
【タッチタイピング 練習 無料ゲーム】このキーワードでググってみてください。
検索結果のどの無料練習ゲームでも構わないので、使ってみてください。
僕も大学生の頃に、適当に選んだ無料練習ゲームをひたすら使っていました。
ゲームなので、タッチタイピングが上達するごとに敵を倒したりタイムが縮んだりします。
これが楽しくて、狂ったようにタイピングするようになっていきました。
また、実家にいる弟に自慢したくて披露したら、次に実家に帰った時には
弟も無料練習ゲームをして僕よりもはるかにタイピング速度が早くなっていました。笑

③キーボードを見ずにひたすら入力する。
最初のうちはキーボードを見たい衝動に駆られると思いますが、
我慢して文字入力してください。
少しずつ少しずつキーボードを見なくても文字入力できるようになっていきます。
タッチタイピングを習得すると、頭の中にキーボードのようなものをイメージすることが
できるようになります。
そろばんの暗算と同じです。
エアー文字入力ができるようになるので、なんとなくかっこいいですよね。笑

まとめ
タッチタイピングは地味ですが、どのITスキルよりも重要であると断言できます。
プログラミング等も含めて、全ての基盤となる重要なスキルです。
今回の記事を読んで、タッチタイピングを習得されてない方は、
是非習得してみてください。習得できれば人生が変わります。

昨日より豊かな人生を。
じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました