日本株、J-REITの評価損益公開【2021年1月】

日本株、J-REIT
スポンサーリンク

日本株、J-REITの評価損益公開【2021年1月】

おはようございます。えいぎょです。

今回も、毎月恒例の日本株、J-REITの評価損益の報告です。

この記事を読むことで、僕が保有している具体的な銘柄と評価損益が分かるので、次の投資先選定に役立てることができます。

ちなみに日本株、J-REITの取引をしている証券会社は、SBIネオモバイル証券楽天証券となります。その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

それでは、最後までご覧ください。

日本株、J-REIT評価損益一覧表

※先月まではSBIネオモバイル証券と楽天証券それぞれで記事を書いていましたが、今月からは見やすいように日本株は一記事に集約しております。

先月分の記事はこちらを参照してください。

日本株【SBIネオモバイル証券_2020年12月】

日本株【楽天証券_2020年12月】

前月の評価損益がー25,085円でしたが、今月は+56,709円と含み益に変わりました。

やはり11月~1月は株高の傾向があります。

NTTドコモ株については、SBIネオモバイル証券で表示されていないので評価額は0としていますが、実際は5万円程度保有しています。

日本株、J-REITの取引履歴(12月分)

12月15日、16日に一気に買い増ししました。

元々SBIネオモバイル証券に100万円入金していて、50万円分は日本株を購入済で、残りの50万円分は株価が下がるタイミングで追加購入する予定でした。

ただ、株価が下がるタイミングは誰にも分からないという点と、12月15日に会社で怒られすぎて非常に大きなストレスが溜まっていたので一気に48万円分買い増ししました。

株の衝動買いは、後から考えても年間配当金が増えたりメリットがあるので問題ないと思います。

ちなみに今回の衝動買いでストレスを発散することができました。

日本株、J-REITの配当金(12月分)

12月にいただいた全ての配当金については、こちらの記事に詳しくまとめています。

配当金、楽天ポイント収入一覧【2020年12月】

12月15日、16日買い増し分は反映されていない状態で、上記の配当金ですので来年はさらに金額が増えます。

12月はボーナス月であることに加え、株の分配月にあたる月でもあるので収入が大きく増えます。

今回増えた現金を上手く運用し、さらに資産や幸福度を高まるよう工夫していきたいと思います。

日本株、J-REITの今後の戦略

日本株については、一旦は買い増しをストップし、米国株や新興国株の比率を高めていきたいと思います。

また、今年からは分配金の再投資や有効活用方法を考えていきたいと思います。

資産を増やす上で、配当金は再投資すべきだと思います。しかし、これでは配当金のありがたみがあまり感じられません。

そもそも配当金を再投資するのであれば、税金面を考えて配当金が出ない成長株への投資の方が効率が良いです。

しかし、僕は高配当株が好きです。

そこで一旦は、月々の配当金の3分の1を翌月に妻に渡して、生活費に回そうと思います。

こうすることにより、配当金のありがたみを感じることができます。

2021年は投資の知識を増やしていくことはもちろん、お金を使って幸福度を高めていく方法についても研究していきます。

引き続き、研究した内容はこのブログで紹介していきますのでよろしくお願いします。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました