日本株、J-REITの評価損益公開【2021年2月】

日本株、J-REIT
スポンサーリンク

日本株、J-REITの評価損益公開【2021年2月】

毎月恒例の日本株、J-REITの評価損益の報告です。

この記事を読むことで、僕が保有している具体的な銘柄と評価損益、配当利回りが分かるので、次の投資先選定の参考にすることができます。

それでは、是非最後までご覧ください。

日本株、J-REIT評価損益一覧表【2021年2月】

先月分の記事はこちらを参照してください。

 日本株、J-REITの評価損益公開【2021年1月】※日本たばこ産業が一桁間違ってました。

前月の評価損益が+56,709円でしたが、今月は+183,554円と含み益が拡大しています。

2月は株価が下がりやすいと言われていますが、今のところ1月末に下げたもののその後急回復して株価が下がる兆候は見られていません。

株式を持っていないと資産が増えない、機会損失が発生してしまうような状況です。

NTTドコモ株については、上場廃止となることから評価損益が表示されなくなりました。

3月以降に保有株式数が1株あたり3,900円振り込まれるそうです。

また振り込まれたらお知らせしたいと思います。

日本株、J-REITの取引履歴【2021年1月】

今月は、一回も取引していません。

今のところ今月も買い増しする必要はないので、しばらくこの状態が続くと思います。

楽天証券では貸株設定を行っています。

これにより、完全ノーリスクで毎月貸株金利をゲットできます。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

 『貸株』は絶対に取り入れるべき理由と注意点まとめ

日本株、J-REITの取引きには楽天証券とSBIネオモバイル証券を使っています。

僕の使い分け方法は以下のようになります。

楽天証券・・・100株単位で購入したい場合(お金が多く必要)

SBIネオモバイル証券・・・1株単位で購入したい場合(少ないお金でも購入可能)

楽天証券の方が使い勝手が良いです。

しかし、100株単位でしか購入できないので分散投資には向いていません。

そういう場合には、SBIネオモバイル証券を使っています。

リンクを下に貼っておきます。

日本株、J-REITの配当金【2021年1月】

日本株、J-REIT以外の資産からの配当金は、こちらの記事を参照してください。

 配当金、楽天ポイント収入一覧【2021年1月】

 配当金、楽天ポイント収入一覧【2020年12月】

日本株は6月、12月が分配月となっている銘柄が多く、それ以外の月では分配金が少なくなってしまいます。

その中でも、毎月分配金がもらえるようにと購入したJ-REIT3銘柄は非常にありがたいです。

J-REIT銘柄についてくわしくはこちらの記事を参照してください。

 両学長おすすめJ-REIT3選で毎月家賃収入を得る方法

日本株、J-REITの今後の戦略

日本株、J-REITを買い増しする予定はありません。

ひたすら配当金をもらい続けたいと思います。

一つ気になることが、最近僕が保有している米国株よりも日本株の上昇率の方が大きいという点です。

友人の台湾のアナリストに相談してみたところ、流れは変わっていないということでした。

ということで日本株へは追加投資は行いません。

2月は株価が下がりやすいアノマリーがあるので、警戒していますが、金融相場となっているので

『そんなの関係ねぇ~』で上昇し続けるかもしれませんね。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました