日本株、J-REITの評価損益公開【2021年5月】

日本株、J-REIT
スポンサーリンク

日本株、J-REITの評価損益公開【2021年5月】

毎月恒例の日本株、J-REITの評価損益の報告です。

この記事を読むことで、僕が保有している具体的な銘柄と評価損益、配当利回りが分かるので、次の投資先選びの参考にすることができます。

それでは、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

日本株、J-REIT評価損益一覧表【2021年5月】

セクター証券コード銘柄名評価額評価損益配当利回り
J-REIT1343NFJ-REIT222,100円+41,400円3.08%
J-REIT1488ダイワ東証REIT指数212,500円+38,500円4.54%
サービス2124ジェイエイシーリクルートメント30,600円-2,646円3.93%
サービス2169CDS42,616円+5,796円3.33%
サービス2393日本ケアサプライ46,670円+7,774円2.56%
J-REIT2556ONEETF東証REIT209,600+38,600円2.53%
食料品2914日本たばこ産業112,420円-4,510円6.02%
情報・通信3763プロシップ25,254円+414円2.61%
情報・通信4326インテージホールディングス33,375円+8,275円1.82%
サービス4327日本エス・エイチ・エル48,297円+9,180円2.80%
医薬品4502武田薬品43,620円+3,432円4.42%
ゴム製品5108ブリヂストン48,147円+9,384円2.81%
サービス6087アビスト32,461円+1,287円3.24%
その他製品7921TAKARA&COMPANY34,903円-2,128円2.87%
化学7995バルカー33,184円+656円4.19%
商社8001伊藤忠340,800円+61,805円2.46%
商社8002丸紅90,860円+25,611円3.00%
商社8031三井物産230,350円+34,555円3.43%
商社8053住友商事148,800円+10,035円4.38%
商社8058三菱商事302,000円+40,175円4.21%
銀行業8306三井UFJフィナンシャルG55,488円+12,192円4.06%
銀行業8316三井住友フィナンシャルG49,426円+7,683円4.60%
銀行業8473SBIホールディングス24,720円-880円3.35%
卸売業8591オリックス175,750円-9,465円3.91%
卸売業8593三菱HCキャピタル102,038円+1,304円3.84%
保険業8750第一生命HLDGS37,344円+8,1033.21%
保険業8766東京海上HD41,840円+1,664円4.40%
情報・通信8432日本電信電話137,750円-1,100円3.55%
情報・通信9433KDDI56,202円+3,349円3.43%
情報・通信9436沖縄セルラー電話44,550円+6,147円2.96%
買付可能額362円
合計303,014,027円+349,738円
日本株、J-REIT評価損益一覧表【2021年5月】

今回の評価損益は+349,738円でした。

先月比で-20,635円となっています。

先月の記事はこちら日本株、J-REITの評価損益公開【2021年4月】

SBIネオモバイル証券で保有している日本株の評価損益は、3月半ば以降右肩下がりとなっています。

また保有銘柄も多すぎて、情報整理が大変です。

そこで、今月は保有銘柄を大幅に減らしていきたいと思います。

日本株、J-REITの取引履歴【過去1カ月間】

セクター証券コード銘柄名約定株数購入金額売却金額約定損益
銀行業8306三菱UFJフィナンシャルG3株1,758円
銀行業8316三井住友フィナンシャルFG1株3,905円
合計24株5,663円
日本株、J-REITの取引履歴【過去1カ月間】

現金として保有しておくことがもったいなく感じるため、少しでも購入可能な金額になれば株を購入しています。

投資セミナーなどでおすすめされている上記の銘柄を買い増ししました。

ただ、最近の日本株の調子はあまり良くありません。

一時期は、米国株をはるかに凌ぐ勢いを感じていましたが、コロナワクチンが広まっていないことが要因として考えられます。

様々なメーカーのワクチンがありますが、特にファイザー製のコロナワクチンは評判が良いです。

じっちゃまこと広瀬隆雄氏のyoutubeでも解説されていましたが、ファイザーのワクチン開発からの商売の仕方が素晴らしいと思いました。

具体的には、他のメーカーが政府からの資金援助を受けてワクチン開発していたのに対して、ファイザーは全て自前でワクチン開発を行いました。

他のメーカーは無償でワクチンを配布すると宣伝しているなか、ファイザーはワクチンの費用はしっかりと取るようにしています。

そんな状態でファイザーはいち早くワクチンを開発し、いまのところ小さな副作用があるものの、ワクチン接種を停止するような状態にはなっていません。

一方で他のメーカーは、ワクチンに問題が起こったりするようなケースが多いです。

無料の問題があるワクチンと、有料で問題がないワクチンであれば迷わずファイザー製のワクチンを選ぶと思いました。

日本株とは関係ありませんが、ファイザーの株を再度購入しています。

※ワクチン開発が成功したニュースを受けて、一度利益確定で売っていました。

詳しくはこちらから

米国株、米国ETFの評価損益公開【2021年5月】

日本株、J-REITの配当金【過去1カ月間】

日本株、J-REITの配当金【過去1カ月間】は税抜き後で3,875円でした。

具体的な銘柄については、こちらの記事で紹介しています。

配当金、副業収入一覧【2021年4月】

日本株は、ほとんどの銘柄が年2回(6月、12月)です。

6月と12月以外の月は配当金が入ってこないので、楽しみがありません。

そんななか、J-REIT3銘柄の組み合わせによる毎月の配当金は非常にありがたいです。

こちらの記事で詳しくまとめています。

両学長おすすめJ-REIT3選で毎月家賃収入を得る方法

まとめ

  • 通算の投資金額・・・2,128,530円
  • 保有銘柄数・・・30銘柄
  • 含み益・・・+349,738円

現時点で大きな含み益となっています。

僕自身は決算などを見て企業分析しているわけではありません。

株式投資に詳しい方が紹介している情報を分析しているだけです。

これから投資を継続していけば、徐々に数字が読めるようになっていくと考えています。

投資初心者に、四季報などしっかりと読み込まなくても資産を増やすことは可能だということを証明していきたいです。

僕のブログでは、保有している銘柄や評価損益を完全に公開しているので参考にしてみてください。

現状、保有銘柄が多いので大幅に減らしていく予定です。

来月の日本株、J-REITの記事をお楽しみに。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました