投資信託の評価損益公開【2020年11月】

投資信託
スポンサーリンク

投資信託の評価損益公開【2020年11月】

投資信託の評価額

口座ファンド名保有数量時価評価額評価損益
特定口座eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)4,866口5,707円-316円
つみたてNISAeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)79,825口93,619円-6,381円
合計-6,697円
投資信託の評価額

最近は米国が下げているので、やはり評価損益は下がっています。
要因としては、下記になります。
 ①欧州で新型コロナ感染拡大
 ②米大統領選前で様子見
 ③VIX指数が40を超えリスク回避

購入金額など

現在の購入金額は合計でも10万円程度と非常に少なくなっています。
これは、評価損益を気にしていたためと、投資先を整理したいため一度全て売却してしまったためです。
以前はアクティブファンドにも投資しており、色々な種類を保有していて、調子が良いものや悪いものがあって気持ちが悪かったです。
そこで、全て一度売ってしまいました。S&P500に連動したインデックス型の投資信託であれば、大きな差がないと思うので、
現在はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)一本でシンプルに投資をしています。

本日までの損益

今年に入ってから確定させて損益は+44,127円です。

僕自身、投資信託は7年前から取り組んでいます。今は楽天証券で手数料が非常に安いですが、
当時はYM証券を利用していました。なんだかんだ400万円を投資し、手数料だけでも大きく取られました。
ただし時間によるリスクヘッジもあり+254,208円でプラスで終えることができました。

100万円分の購入で手数料が3万円取られていました。
いきなり-3万円の評価から開始されるので、本当に不利です。僕は現在楽天証券を使っていて、本当に便利です。
オススメの証券会社に関してはこちらでまとめています。

投資初心者におすすめの証券会社とは

今後の投資スタイル

投資信託は、分配金も得られず保有していても僕としては全然ワクワクしません。
しかし、S&P500に連動したインデックスファンドの保有が資産を増やす上でほぼ一番良い選択肢として認識もしています。
また、20%が免税になるつみたてNISA口座を利用しない手はありません。
以上を考慮した上で、月々5万円分をクレジットカード払いで投資しています。
この投資金額の理由は、クレジットカード払いで購入できる金額の上限が5万円であるためです。
クレジットカードで5万円分購入すると、翌月に楽天ポイントが500円分もらえます。
翌月にはこの楽天ポイントを使って追加で投資信託を購入しています。
また、僕はよく楽天市場や楽天ペイを利用するため、楽天ポイントをもらえます。
通常ポイントが100ポイント以上たまれば投資信託の購入に充てられるので、すぐにポイント購入するようにしています。
また、ポイント購入分は投資額にプラスしないという自分流のルールを設定しているので、ポイント購入分投資信託の評価額が上がったように見えます。
自分なりに楽しめるルールを設定して投資を行う方法は、投資し続ける楽しみにもなりますしオススメです。

まとめ

10月分の投資信託の評価額を紹介しました。
今月はマイナスとなっております。
投資信託のマイルールは以下の通りです。
①クレジットカードで5万円分予約購入する。
②楽天ポイントが100円分以上貯まれば即購入。
③評価額は見ずに、ほったらかし。

投資は良い商品を長い期間保有し続けることが、資産を増やす上で重要になってきます。
それぞれに合った楽しめるルールを作って、投資し続けましょう。

人生を昨日より豊かに。
じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました