eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益公開【2021年1月】

投資信託
スポンサーリンク

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益公開【2021年1月】

おはようございます。えいぎょです。

今回は、毎月恒例のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益公開です。

この記事を読むことで、僕が保有してる具体的なファンド名が分かります。

また、その他の投資信託に関連する有益な情報についてもまとめています。

それでは、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益一覧表

先月の投資信託に関する記事はこちら
投資信託【楽天証券_2020年12月】

評価損益は、特定口座分とつみたてNISA口座分ともにプラスになっています。

ただ、投資信託については愚直に積み立てていく必要があるため、評価損益は気にしないようにしています。

投資金額が少ないのは、2020年に一度全ての投資信託を売って整理したためです。

色々な種類の投資信託を悩みぬいて購入していましたが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の存在に気が付いてから一本化を決めました。

おかげで投資信託の管理が非常に楽になっています。

現在積み立て投資しているeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、僕が定年するまで愚直に継続する予定です。

理由は、老後2000万円問題への対策と考えているためです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の比較

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のどちらに投資しようか悩まれている方も少なくないと思います。

実際、僕も非常に悩みましたが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に決めています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の比較したチャートを載せています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の比較チャート
引用元:https://emaxis.jp/mattoco/special/chart/index.html

このチャートは設定来のパフォーマンスを示したものですが、全体的にeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)のパフォーマンスの方が優れています。

下落局面は、ほぼ同じ程度に下落していますが、上昇局面で差がついています。

ただ、非常に似た推移をしています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の国・地域別比率
引用元:https://emaxis.jp/pdf/koumokuromi/253425/253425_20200723.pdf

理由は、上のeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が構成されている国・地域別比率を見て分かる通り、米国が構成比率の56.6%と半分以上を占めているためです。

以上の内容を含め、僕なりのeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が向いている人とeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が向いている人をまとめました。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が向いている人

  • リスク許容度が高い方
  • リターンを重視される方
  • 年配の方(しばらくは米国1強の時代が続くと予想されるから)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が向いている人

  • リスク許容度が低い方(石橋を叩いて渡るタイプ)
  • 安定性を重視される方
  • 若い方(20年~30年で米国1強の時代が終わる可能性もあるから)

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)の購入に関して

先月の記事で、VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)の購入を検討していると書いていました。

今月までに何回かVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)の調査を行いました。

[VTI][VEA][VWO]地域別ETFの徹底比較

[VTI][VOO][VIG]米国株式ETFの徹底比較

調査の結果、やはりリターンが大きく、投資対象が分散されていて評価損を抱えていても持ち続けることができると判断しました。

とりあえず、30万円分購入しました。

米国株、米国ETFの評価損益公開【2021年1月】

動きとしては、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)と同じような動きになると思いますが、大幅に下落した際を考えるとやはり個別株は少し不安になってしまいます。

今後の投資信託戦略

引き続き愚直に積み立て投資していく予定です。

投資信託は分配金も出ないので、正直面白くはないです。

しかし、老後資産を確保するために毎月5万円をクレジットカード払いで積み立て投資していきます。

昨年までは、投資信託が含み益になる度に売却してしまっていました。理由は下のようになります。

  • 投資していても面白くないから
  • 購入した複数の銘柄があり、どれが良いのかいまいち理解できていなかったから

しかし今では自信を持ってeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を購入しています。

現在、コロナの影響により自殺者が増えないよう世界的に大規模な金融緩和が行われ株価は上昇しています。

今年は現金比率をどこまで下げられるのかしっかりと検討したいと思います。

投資信託は【定年まで積み立て投資】できるよう頑張っていきたいと思います。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました