eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益公開【2021年2月】

投資信託
スポンサーリンク

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益公開【2021年2月】

毎月恒例のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益の報告です。

この記事を読むことで、僕が保有してる具体的なファンド名が分かります。

また、評価損益も分かるので投資戦略の役に立つと思います。

それでは、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益一覧表

評価損益は、先月よりも拡大し+30,523円となっています。

先月分の記事はこちら

 投資信託の評価損益公開【2021年1月】

含み益が拡大しているので、確実に資産形成できているような気がしています。

ただ目先で売却するわけではないので、安く追加購入はできていないとも考えることができます。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の取引履歴

いずれの場合もeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を購入しています。

クレジットカード払いで月々上限5万円まで設定できるので、上限額の5万円分購入しています。

また、毎月楽天ポイントでも投資信託を購入しています。

※今月から楽天ポイントでの購入金額も書くようにしています。

先月の記事でeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を比較し、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)への投資が良いと判断しています。

 投資信託の評価損益公開【2021年1月】

また、これは全世界株式『VT』と全米株式『VTI』を比較した際の記事でもこの判断が間違っていないことが分かると思います。

 全世界株式『VT』と全米株式『VTI』のどっちに投資するべきか?【結論と投資手法】

それでも迷う方は、両方とも購入してしまうことをおすすめします。

実際に両方購入してしまうことで、どちらがよいのか判断できると思います。

僕も、現在は持っていませんが楽天・全米株式インデックス・ファンド楽天・全世界株式インデックス・ファンドの両方保有していました。

同じタイミングで購入したのにも関わらず、楽天・全米株式インデックス・ファンドの方が常に評価益が大きかったので、それなら一本化するべきだと思いました。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)購入でもらえる楽天ポイント

僕が保有している投資信託は分配金をもらえません。

僕の投資において、分配金の価値は非常に高く、投資のモチベーションに繋がっています。

その分配金がもらえないので、なかなか投資信託を持ち続ける事が出来ませんでした。

しかし、クレジットカードで投資信託の購入ができるようになり月々500円分楽天ポイントをもらえるようになってからは、この楽天ポイントを分配金代わりと考えられるようになりました。

楽天ポイントで投資信託を購入することができるからです。

今後の投資戦略

引き続き積み立て投資していく予定です。

僕はこの投資信託が老後2000万円問題の対策と考えています。

 20代から40代に提案する『老後2000万円問題』の具体的な解決方法

投資信託の購入は、一度設定しておけば自動でクレジットカード払いで行われるため楽です。

ただほったらかしにしておくだけで資産形成できます。

現在、毎月5万円ずつドルコスト平均法で購入しているので、この設定が生活を圧迫することがないよう生活費や貯金額を調整していきたいと思います。

 『ドルコスト平均法』のメリット・デメリットて何?どんな人向きなの?

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました