eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益公開【2021年3月】

投資信託
スポンサーリンク

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益公開【2021年3月】

毎月恒例のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益の報告です。

この記事を読むことで、僕が保有してる投資信託の種類と投資履歴、現在の評価損益が分かります。

また、投資している理由などについても理解することができます。

それでは、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益一覧表【2021年3月】

ファンド口座時価評価額評価損益
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)特定63,284円+2,199円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)つみたてNISA32,4841円+25,841円
合計388,125円+28,040円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価損益一覧表【2021年3月】

評価損益は、先月+30,523円⇒今月+28,040円と減っています。

先月分の記事はこちら

 投資信託の評価損益公開【2021年2月】

評価益は先月から減っていますが、依然としてプラスです。

投資信託も長期でつみたてていく予定ですので、評価損益は気にする必要はありません。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の取引履歴

ファンド口座支払い方法購入金額
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)特定楽天ポイント825円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)つみたてNISAクレジットカード33,000円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)特定クレジットカード17,000円
合計50,825円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の取引履歴【2021年2月】

つみたてNISAは年間40万円分の枠があるので

40万円÷12カ月=33,333円≒33,000円

クレジットカード払いでの購入金額の上限50,000円を考慮して

50,000円-33,000円=17,000円

楽天ポイントは500ポイント以上たまってから投資信託を購入するようにしています。

今月は825円分

楽天スーパーポイントアップ+1倍の対象になるには、ポイントを使って投資信託を500円分以上購入する必要があります。

ここでは、ポイントと現金を組み合わせて500円分以上購入すれば条件を満たすことができます。

いずれの場合もeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を購入しています。

一時期eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を購入した方がよいのではと考えていました。

しかし、日々の投資研究を通して米国株式へ投資すべきという考えになり、自信を持って投資を継続しています。

これを考える上で参考になる記事はこちら

 全世界株式『VT』と全米株式『VTI』のどっちに投資するべきか?【結論と投資手法】

今後の投資戦略

継続して毎月5万円分ずつ、つみたて投資していきます。

投資信託と米国株に対してそれぞれ5万円の合計10万円を毎月投資するようにしていましたが、米国株は毎月つみたて投資するのではなく、一気に投資金額を増やしました。

よって、毎月の投資額は投資信託の5万円のみとなります。

去年までは、投資信託もいろいろな商品を持っていたりして売買していましたが、やっとこれだと思える商品を見つけることができたのでeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を愚直に買い増ししていきたいと思います。

投資信託の購入により、老後2000万円問題を解決できると考えています。

具体的にシミュレーションした記事はこちらになります。

20代から40代に提案する『老後2000万円問題』の具体的な解決方法

年々、評価損益があまり気にならなくなってきています。

  1. 投資経験が長くなってきたから
  2. 自分が納得している商品に投資できているから
  3. 評価益が大きくなって売却しても、同じ銘柄が欲しくなるから売却する必要がないから

投資経験が短い間は、自分の大切なお金が減っていないか気になりますが、投資経験が長くなればなるほど気にしても意味がないことに気が付いていきます。

どういう方が投資リターンが高いのか、その点についても研究していきたいと思います。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました