『NHKの受信料』に関するNTTからの突然の勧誘電話

節約術
スポンサーリンク

『NHKの受信料』に関するNTTからの突然の勧誘電話

スポンサーリンク

勧誘電話

先週の日曜日2020年11月8日に突然フリーダイヤルから着信がありました。

なんの疑いもなく電話に出てみたところ、NTTを名乗る人物からの電話。

そして、NHKの契約をしていることを確認されました。(住所+契約者名義を読み上げられて)

その後、『NHKの受信料』と『NTT電話料金』をまとめてお支払いいただけるサービスがあることを一方的に説明されましたが、NTTと契約していないためお断りしました。

僕はNHKの契約を昨日の記事にまとめた通り、僕の親名義で行っています。
NHK受信料を節約する方法

その個人情報が勝手にNTTに流れていることに恐怖を感じました。

そもそも誰の許可があってNHKの契約譲歩を流したのといった感じです。

そこで今回は、皆さんの参考になればと思い情報発信させていただきます。

NTTファイナンスの回収代行サービスとは

簡単に説明すると『NHK受信料』と『NTT電話料金等』をまとめて支払えるサービスのことです。

メリット

❶NTT電話料金とまとめて支払うことができるので、支払いの手間が省ける
❷NHK受信料が年間600円安くなる。(継続振込と比較した場合)
❸Webサイトから24時間簡単に申し込める。

以上の3点です。

そもそも楽天でんわ

僕はそもそも楽天でんわで契約しています。

15年くらい前にNTTdocomoと契約していましたが、なぜ勧誘電話がかかってきたのか不思議です。

NTTドコモ(9437)の株を11株持っていますが、そんなの関係ないと思います。

100株ではなく、11株を疑問に思った方はこちらをどうぞ。 SBIネオモバイル証券のメリット・デメリットまとめ

また、もし現在NTTと契約していたらと思うとぞっとします。

そもそもNHK受信料は親名義

僕は現在、NHKとの契約は親名義でしています。

そのため、この勧誘名義も親名義でかかってきました。

つまり、NHKが知っている個人情報がそのまま流れています。

NHKは誰の許可を取って、NHKの契約者情報を流したのか。

その点は不信感しかありません。

対策まとめ

今回の僕の経験談を見ていただくことである程度対策を取れると思います。

今回正直僕はパニックになりました。

たまたまNTTと契約していなかったのでお断りできましたが、もしNTTと契約していたらそのままずるずるとこのサービスを利用することになっていたかもしれません。

フリーダイヤルでかかってきた場合は、しょうもない勧誘電話のパターンが多いので今後は取らないでおくことも対策の一つだと思います。

投資で儲けることと同時に、自分の資産を守るための知識も強化していかなければならないと
改めて実感しました。

人生を昨日より豊かに。
じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました