チャールズ・T・アクレの最新ポートフォリオ【2020年-4】

投資の基本
スポンサーリンク

チャールズ・T・アクレの最新ポートフォリオ【2020年-4】

こんにちは、えいぎょです!!

今回は、S&P500をオーバーパフォームしているヘッジファンドChuck Akre(チャールズ・T・アクレ)の最新ポートフォリオを紹介していきます。

S&P500は直近の過去5年間で+81.57%となっています。

一方のチャールズ・T・アクレのポートフォリオは直近の過去5年間で驚異の+284.38%となっています。

今後の投資戦略(ポートフォリオ)を考える上で、参考になる情報だと思います。

チャールズ・T・アクレをご存じない方もいらっしゃると思いますので、人物情報からまとめています。

それでは、ご覧ください。

スポンサーリンク

Chuck Akre(チャールズ・T・アクレ)について

アメリカの投資家、金融業者、ビジネスマンです。

バミューダの保険会社Enstar Group,LTDの取締役をつとめています。

また、Akre Capital Management,FBR Focus,およびその他のファンドの創設者、会長、最高と売り責任者でもあります。

優れた投資とは、次の4つの特徴を持つビジネスです。

  • 実証済みの実績を持つ優れたマネージャー
  • 重要で耐久性のある競争上の優位性
  • 長期的な成長/再投資の機会
  • 会社が生み出したキャッシュフローに比べて魅力的な購入価格

アクレは1977年にバークシャーハサウェイに投資したと言われています。

バフェットの投資のアイデアに深く影響を受けたアクレは、ウォーレンバフェットがオフィスの壁に送った額入りの手紙を保管しています。

たとえば、Akreは、投資先の企業の競争上の優位性を見つけることに重点を置いています。

『これを引き起こしている原因を突き止めるために多くの時間を費やしています』とCNNMoneyのインタビューで述べています。

総資産の75%からなるトップ10と、ダース投資。中小型株は一般的に成長率が高いため、通常の投資対象となります。

Kiplingerによると、1996年12月から2009年10月まで、FBRフォーカスは12.5%の年間収益を達成し、『小規模で急成長している企業の指標であるラッセル2000成長指数を平均して年間10パーセントポイント上回った』とのことです。

投資アドバイスWebサイトで、同社を25の推奨ファンドのリストに追加されました。[全文Wikipediaより引用]

『チャールズ・T・アクレ』のセクター別割合

『チャールズ・T・アクレ』のセクター別割合

『チャールズ・T・アクレ』の組み入れ上位10銘柄

『チャールズ・T・アクレ』の組み入れ上位10銘柄

僕も10万円程度保有しているMA[マスターカード]への投資割合が最も多いです。

また、V[ビザ]へも投資しています。この2銘柄のクレジットカードビジネスは非常に強いです。

『チャールズ・T・アクレ』が購入した銘柄

『チャールズ・T・アクレ』が購入した銘柄

『チャールズ・T・アクレ』が売却した銘柄

『チャールズ・T・アクレ』が売却した銘柄

『チャールズ・T・アクレ』が保有する高配当銘柄

『チャールズ・T・アクレ』が保有する高配当銘柄

金融セクターの銘柄は、高配当な銘柄が多いです。

ただ、僕としてはコロナの影響により、大規模な経済対策が実行されて金利が低い中で向かい風にさらされている金融セクターに投資する気はありません。

この考え方は、ウォーレン・バフェットの投資傾向からヒントを得ています。

ウォーレン・バフェットの最新ポートフォリオ『2020年』

まとめ

今回は、S&P500をオーバーパフォームしているChuck Akre(チャールズ・T・アクレ)の最新ポートフォリオ『2020年』を紹介してきました。

馴染みのない銘柄が多かったですが、今後の投資戦略の参考になると思います。

一方でMA[マスターカード]やV[ビザ]といった、僕も投資している銘柄も出てきました。

米国株【楽天証券_2020年12月】

最近僕は個別株よりもETFの方が良いのではという考えになってきています。

[VTI][VOO][VIG]米国株式ETFの徹底比較

ただ、個別株でも圧倒的に強いビジネスをしているMA[マスターカード]やV[ビザ]や、追い風が吹いているヘルスケアセクターの銘柄は

保有しても良いと思います。

S&P500をオーバーパフォームしている投資家は少ないです。

そのため、S&P500をオーバーパフォームしている投資家の銘柄や投資戦略を調べていけばS&P500をアウトパフォームできるのではと考えています。

今後もS&P500をオーバーパフォームしている投資家の銘柄や投資戦略をまとめていきたいと思います。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました