現代ポートフォリオ理論を分析(WealthNaviのリスク許容度5段階)

投資の基本
スポンサーリンク

現代ポートフォリオ理論を分析(WealthNaviのリスク許容度5段階)

以前紹介したWealthNaviについては現代ポートフォリオ理論が使われています。

 WealthNavi(ロボアドバイザー)の特徴を紹介【前半】

 WealthNavi(ロボアドバイザー)の特徴を紹介【後半】

今回は、リスク許容度5段階でポートフォリオがどのように変化するのか分析していきます。

この記事を参考にすることで、ポートフォリオのリスクを最適化することができます。

是非、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

現代ポートフォリオ理論のリスク許容度5段階一覧表

保有資産リスク許容度1リスク許容度2リスク許容度3リスク許容度4リスク許容度5
米国株(VTI)15.0%26.5%31.9%35.0%35.0%
先進国株(VEA)5.0%11.9%21.6%28.6%32.9%
新興国株(VWO)5.0%5.0%6.5%9.5%14.6%
債券(AGG)35.0%35.0%28.2%12.9%5.0%
金(GLD)5.0%5.0%6.8%9.0%7.5%
不動産(IYR)5.0%5.0%5.0%5.0%5.0%
物価連動債(TIP)30.0%11.6%0%0%0%
現代ポートフォリオ理論のリスク許容度5段階一覧表

現代ポートフォリオ理論のリスク許容度5段階ポートフォリオ

ポートフォリオの変化を確認する方法

視覚的に捉えやすいようにカラフルな円グラフを作成しています。

例えば、米国株(青色)の変化を見たい場合は、青色に注目してスクロールしていきます。

そうすることでリスク許容度が高くなるにつれて米国株の比率が高まっていることが確認できます。

リスク許容度1のポートフォリオ

リスク許容度1

リスク許容度2のポートフォリオ

リスク許容度2

リスク許容度3のポートフォリオ

リスク許容度3

リスク許容度4のポートフォリオ

リスク許容度4

リスク許容度5のポートフォリオ

リスク許容度5

米国株(VTI)について

リスク許容度が高くなるにつれて、米国株(VTI)の保有比率を高める必要があります。

リスク許容度が低い方は15.0%リスク許容度が高い方は35.0%を目標に設定すると良いです。

先進国株(VEA)について

リスク許容度が高くなるにつれて、先進国株(VEA)の保有比率を高める必要があります。

リスク許容度が低い方は5.0%リスク許容度が高い方は32.9%を目標に設定すると良いです。

新興国株(VWO)について

リスク許容度が高くなるにつれて、新興国株(VWO)の保有比率を高める必要があります。

リスク許容度が低い方は5.0%リスク許容度が高い方は14.6%を目標に設定すると良いです。

債券(AGG)について

リスク許容度が高くなるにつれて、債券(AGG)の保有比率を低くする必要があります。

リスク許容度が低い方は35.0%リスク許容度が高い方は5.0%を目標に設定すると良いです。

金(GLD)について

リスク許容度が高くなるにつれて、金(GLD)の保有比率を高める必要があります。

リスク許容度が低い方は5.0%リスク許容度が高い方は7.5%を目標に設定すると良いです。

不動産(IYR)について

リスク許容度に関係なく5.0%の保有を目標に設定すると良いです。

物価連動債(TIP)について

リスク許容度が高くなるにつれて、物価連動債(TIP)の保有比率を低くする必要があります。

リスク許容度が低い方は30.0%リスク許容度が高い方は0%を目標に設定すると良いです。

僕の最新ポートフォリオとリスク許容度5のポートフォリオを比較

僕も実際にウェルスナビで自動診断を行った結果、『リスク許容度5』でした。

そこで、リスク許容度5を目指して比較していきたいと思います。

僕の最新ポートフォリオ

僕の最新ポートフォリオ

リスク許容度5のポートフォリオ

リスク許容度5

僕の最新ポートフォリオとリスク許容度5のポートフォリオを比較

保有資産えいぎょ最新ポートフォリオリスク許容度5
米国株34.0%35.0%-1.0%
先進国株26.0%32.9%-6.9%
新興国株2.0%14.6%-12.6%
債券2.0%5.0%-3.0%
金・仮想通貨22.0%7.5%+14.5%
不動産14.0%5.0%+9.0%
比較一覧表

リスク許容度5のポートフォリオにおける株式の割合は82.5%

それに対し、僕の最新ポートフォリオにおける株式の割合は62%となっています。

そのため、今後は株式の割合を高めていく予定です。

僕の具体的な保有銘柄についてはこちらでまとめています。

 米国株、米国ETFの評価損益公開【2021年2月】

 日本株、J-REITの評価損益公開【2021年2月】

 投資信託の評価損益公開【2021年2月】

 仮想通貨の評価損益公開【2021年2月】

今後の投資戦略

現在、保有比率が低い米国株、先進国株、新興国株、債券について

米国株・・・投資比率からいうとそこまで増やす必要はありませんが、現金比率を下げたいのでVTIに追加投資していく予定です。テーマ別ETFの購入を検討していましたが、やはり一番安心して投資することができるVTIへ一気に投資しようと考えています。

 [VTI][VEA][VWO]地域別ETFの徹底比較

先進国株・・・VEAのチャートを見てみると、なかなかに魅力がなく追加投資する気になれません。日本人でなければ投資していないと思います。ただ、現時点で保有している日本株について評価益は大きくなっています。追加投資する予定はありませんが、引き続き配当金をもらいながら長期ホールドしていきたいと思います。

新興国株・・・まずは、新興国株(VWO)の投資金額を20万円から100万円に増やす予定です。そして、中国のアナリストの友人がいるので、香港株投資に挑戦する予定です。投資資金は仮想通貨から回収した100万円としたいと思います。※現在マネックス証券の口座開設中です。投資銘柄などの情報はこのブログやツイッターで随時情報発信していく予定です。

 新興国ETF『VWO』20万円分の運用実績公開とトレンド転換について

債券・・・株価暴落時に下がりにくく、回復が早いという特徴があります。ただ、暴落時以外ではパフォーマンスを下げてしまします。運用方法など明確になったら投資していく予定です。

 [AGG][BND][LQD]米国債券ETFの徹底比較

現在、保有比率が高くなりすぎている金・仮想通貨と不動産について

・・・金鉱株を50万円分保有しています。年明けに金価格が上昇したことを受けてバリック・ゴールドを新規購入しましたが、含み損を抱えた状態です。ただ、長期チャートではカップウィズハンドルを形成しているということから引き続きホールドし様子を見たいと思います。

仮想通貨・・・米国の長期金利上昇に伴い、仮想通貨は大きく下落しました。投資金額100万円に対して評価損益は大きく増えていたので、【109万円分】を現金化しました。現時点では、全て増えた資産での運用となったので、僕のリスク許容度の範囲内です。今後はどれだけ価格が下がっても長期ホールドしていく予定です。

 米国長期金利が株価へ与える影響を徹底解説[広瀬隆雄氏のyoutubeを参照]

不動産・・・J-REITを3銘柄それぞれ200株ずつ保有しています。コロナショックからの回復が遅れていたタイミングでうまく投資できたので、評価益は着実に増えています。また、毎月の分配金が確実に入ってくるので引き続きホールドしていきたいと思います。

 両学長おすすめJ-REIT3選で毎月家賃収入を得る方法

皆さんの投資戦略の参考になれば幸いです。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました