えいぎょのポートフォリオ【2022年2月】

ポートフォリオ
スポンサーリンク

えいぎょのポートフォリオを公開【2022年2月】

毎月恒例のポートフォリオを公開していきます。

1月効果を狙った投資戦略に挑戦し、2022年の初っ端から損失を出してしまいました。

また、2022年の相場は非常に難しくなる雰囲気が漂い、ポートフォリオを大きく変えています。

<<こんな方にオススメ>>

・利上げの影響を受けにくい銘柄を知りたい方

・魅力的な高配当株、株主優待銘柄を知りたい方

・えいぎょの投資戦略、ポートフォリオを知りたい方

<<先月分はこちら>>

<<翌月分はこちら>>

えいぎょ
えいぎょ

この記事は、意外と人気な記事になりますので、是非最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

えいぎょの投資戦略

トリプルコア投資戦略

■インデックス投資・・・米国株、投資信託

■高配当株投資・・・投資信託、日本株

■株主優待投資・・・日本株

えいぎょ
えいぎょ

この記事を読んでいただければ、僕の投資銘柄を全て知ることができます。また、投資判断の根拠についても記載しておりますので、参考にされてみてください。

ポートフォリオ

保有資産評価額先月比 割合 先月比(割合)
米国株3,618,433円 -8,098,815円58%-33%
先進国株2,301,200円 +1,661,350円37% +32%
新興国株0円±0円 0% ±0%
債券0円±0円 0% ±0%
金、仮想通貨329,405円 -149,040円5% +1%
不動産0円±0円0% ±0%
合計6,249,038円-6,586,505円-51%
えいぎょ
えいぎょ

米国株のポジションを大きく落とし、ポートフォリオ全体の投資金額も大きく減らしました。一方で日本株の投資金額は増やしました。

投資研究について

このブログでは、日々投資研究を行っています。

先月はアノマリーに関する研究を行い、株価には季節性があることを学びました。

<<あわせて読みたい>>

また、株価のリターンが低くなる夏場(5~10月)に株を保有せずに、冬場(11月~4月)に株を保有することで年間のリターンを上げることが可能だということも知りました。

<<あわせて読みたい>>

えいぎょ
えいぎょ

今後の米国の利上げを考慮すると、株価が不安定になることが予想されます。この状況ではポジションをなるべく落としておく投資判断が、逆に今後のリターンを向上させるために必要だと考えています。

配当・分配金

配当・分配金、副業収入の内訳

■米国株・・・12,049円(104.77ドル)

■日本株・・・55円

■投資信託・・・78,491円

■楽天ポイント・・・3,649円分

■フリマアプリ・・・3,970円分

■ブログ・・・9,118円

■合計・・・107,332円

米国株の配当金内訳

入金日銘柄株数配当利回り配当金(税引き後)
2022/1/5VTI170株1.52%12,049円
(104.77ドル)
合計1銘柄12,049円

日本株の配当金内訳

入金日銘柄株数配当利回り配当金(税引き後)
2022/1/5貸株金利3銘柄55円
合計55円
えいぎょ
えいぎょ

日本株の配当金は今月は0か~。思ってましたが貸株金利が入金されていました。日本株は「配当金」と株主優待」狙いなので長期投資になります。証券会社に貸しておくだけで金利をもらえる「貸株」は非常にありがたいです。

<<あわせて読みたい>>

投資信託の分配金内訳

入金日銘柄数量分配金単価分配金(税引き後)
2022/1/21アライアンス・バーンスタイン・
米国成長株投信Dコース
毎月決算型(為替ヘッジなし)
予想分配金提示型
3,924,530口200円78,491円
(うち普通分配金0円)
(うち元本払戻金78,491円)
合計1銘柄78,491円
えいぎょ
えいぎょ

毎月分配型は非常に魅力的でした。インデックスに連動していて毎月分配型は最高でした・・・しかし、下落局面にめっぽう弱いことが判明し2/3程度損切りしています。

配当・分配金、副業収入の使い道

107,332円÷2=53,666円≒53,000円

配当・分配金、副業収入の半分を妻に渡すルールにしています。

僕と妻(パート)の財布は別々に管理しています。

毎月生活費として15万円を渡し、ボーナスを半分渡していますが、ボーナスで月々のマイナスを補填している状況になっています。

生活費の15万円は低すぎるので増やそうと思いましたが、遠慮して受け取らないので、配当・分配金、副業収入の半分を妻に渡すルールにしました。

このおかげで、毎日4時に起きてブログを書いても、投資をしていても許されるようになった気がしています。

えいぎょ
えいぎょ

投資資金を『アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型』を損切りする前ですので、金額が大きいです。損切りしてしまったため、来月から分配金が一気に減ってしまうので悲しいです。また新しい作戦を考えていきたいと思います!!!

米国株

評価額・・・1,082,032円 (前月比-4,022,393円)

銘柄数・・・1銘柄 (前月比-12銘柄)

評価損益・・・+16,432円 (前月比-427,989円)

確定損益・・・+405,693円

通算確定損益(2022年)・・・+430,791円

米国株の評価損益一覧

銘柄配当利回り評価額配当金累計評価損益 評価損益
(配当金込)
VDE3.91%1,082,032円0ドル16,432円16,432円
合計1,082,032円0ドル+16,432円+16,432円
えいぎょ
えいぎょ

1月の下落相場により迷走し、結局このエネルギーセクターETFに落ち着きました。高配当ETFなど色々購入しましたが、どれも値上がりする気配がなかったので、さらなる下落に備えて手放しました。

<<あわせて読みたい>>

米国株の取引履歴

銘柄約定株数購入金額売却金額配当金累計約定損益 約定損益
(配当金込)
AMWL40株23,674円
(204.58ドル)
-5,367円-5,367円
BLI13株16,631円
(143.72ドル)
-13,295円-13,295円
LZ17株28,834円
(249.17ドル)
-2,583円-2,583円
OSCR8株6,448円
(55.72ドル)
-1,521円-1,521円
PATH6株26,537円
(229.32ドル)
-3,578円-3,578円
PFF114株514,466円
(4,438.48ドル)
480,664円
(4,178.96ドル)
9.21ドル-33,819円-32,760円
POSH15株26,408円
(228.21ドル)
-5,077円-5,077円
PRLD20株23,351円
(201.79ドル)
-7,049円-7,049円
SDC100株25,677円
(221.89ドル)
-5,123円-5,123円
SEER12株
27,137円
(234.51ドル)
-5,503円-5,503円
TDOC3株
29,159円
(251.98ドル)
-3,340円-3,340円
VDE買201株
売101株
2,098,755円
(18,116.22ドル)
1,048,062円
(9,166.74ドル)
+14,748円+14,748円
VTI170株4,577,671円
(36,498.90ドル)
268.52ドル+493,757円+524,637円
VYM79株970,134円
(8,352.63ドル)
1,017,418円
(8,865.81ドル)
-29,254円-29,254円
XLE136株993,188円
(8,596.80ドル)
1,002,716円
(8,758.11ドル)
+9,508円+9,508円
XMTR6株35,554円
(307.24ドル)
+3,189円+3,189円
合計4,576,543円
(39,504.13ドル)
8,395,941円
(69,796.65ドル)
277.73ドル+405,693円+437,632円
  • 1月効果狙い銘柄(11銘柄)・・・-49,247円
  • それ以外(5銘柄)・・・+454,940円

1月効果狙いの投資戦略は、完全に失敗しました。

この結果からも、「今年は去年までとは状況が全く違うんだ」と感じ取ることができれば良かったのですが、ズルズルいってしまいました。

えいぎょ
えいぎょ

$VTIが値下がりしたため、少しずつ利確しました。その代わりに$PFF、$VDE、$VYM、$XLEなどを購入しました。インカム重視の$PFF、$VYMは思っていたよりも値動きが悪かったので損切りしました。結局エネルギーセクターETFだけ少し利益が出て$XLEは全て利確し$VDEの100株保有に落ち着いています。

<<あわせて読みたい>>

日本株

評価額・・・2,301,200円 (前月比+1,661,350円)

銘柄数・・・8銘柄 (前月比+5銘柄)

評価損益・・・+105,480円 (前月比+62,279円)

確定損益・・・+433円

通算確定損益(2022年)・・・+433円

日本株の評価損益一覧

銘柄配当利回り評価額配当金累計評価損益 評価損益
(配当金込)
伊藤忠
8001
2.90%384,300円0円+6,625円+6625円
丸紅
8002
4.28%120,700円0円-5,315円-5,315円
三井物産
8031
3.18%301,000円0円+7,925円+7,925円
住友商事
8053
4.85%187,800円0円+4,785円+4,785円
三菱商事
8058
3.54%404,500円0円+5,925円+5,925円
オリックス
8591
3.70%244,900円12,592円+51,285円+63,877円
KDDI
9433
3.69%376,400円4,782円+37,225円+42,007円
日本管財
9728
1.94%281,600円0円-2,975円-2,975円
合計2,301,200円17,374円105,480円+122,854円
えいぎょ
えいぎょ

5大商社株+最強の株主優待3銘柄の組み合わせになっています。

  • オリックス・・・3,000円分のカタログギフト
  • KDDI・・・3,000円分のカタログギフト
  • 日本管財・・・2,000円分のカタログギフト

株主優待でカタログギフトが届くと、ギフトを選ぶ楽しさ、ギフトを満喫する楽しさ、ギフトを楽しんだことが思い出となりその思い出に浸ることで長い期間幸福感を味わうことができます。

<<あわせて読みたい>>

日本株の取引履歴

銘柄約定株数購入金額売却金額配当金累計約定損益 約定損益
(配当金込)
ひろぎんHLDGS
7337
100株64,401円0円+501円+501円
伊藤忠
8001
100株377,675円
丸紅
8002
100株126,015円
三井物産
8031
100株293,075円
住友商事
8053
100株183,015円
三菱商事
8058
100株398,575円
伊予銀行
8385
買100株
売100株
61,199円61,131円0円-68円-68円
日本管財
9728
100株284,575円
合計1,431,054円125,532円0円+433円+433円

ひろぎんHLDGSの改悪

  • [変更前]・・・100株以上で2,500円相当のカタログギフト
  • [変更後]・・・100株以上で500円のギフトカード
えいぎょ
えいぎょ

【投資】初心者さんからご丁寧にメッセージをいただき初めて気が付きました。ありがとうございます!!迷わずすぐに手放しました。元々10%ぐらい含み益がのっている状態でしたが、この改悪の発表により株価を大きくさげ+501円の確定益になりました。今回、裏切られてしまったので僕がひろぎんHLDGSを買うことは二度とないです。

伊予銀行

銀行株の値上がりを予想し、伊予銀行を買いました。が、すぐに売りました。

理由はこの銘柄で塩漬け状態になったら耐えられないだろうと感じたからです。

一応株主優待銘柄なので今治タオルがもらえます。

えいぎょ
えいぎょ

冷静に考えたら、そこまで欲しくないんですよね。。。今治タオル。。。

日本管財

この銘柄は「株の買い時を考えるチャンネル」で知り、購入しました。

買い時さんは僕が中国株投資詐欺に遭った際に、「情報発信をしている身として是非紹介させてもらいたい。」と言って僕の記事を紹介いただいた素晴らしい方です。

紹介されている7銘柄はどれも素晴らしかったのですが、僕が持っていないもので特に気になった日本管財を買いました。

<<株主優待おすすめ7銘柄2022年決定版>>

5大商社株

去年まで保有していましたが、中国株への投資資金を確保するために手放してしまっていました。

しかし、最近は日本株の方が好調ということと、コモディティへの投資ということを考慮して買いました。

えいぎょ
えいぎょ

上のツイートには1,400以上のいいねがつき、肯定的な意見の方が大半を占めました。日本株に投資妙味があると考えている方が多いのではないかと思いました。長期的にみれば米国株へ投資する方が良いですが、2022年に限定して考えると日本株の方が良いのかもしれませんね。

投資信託

評価額・・・2,536,401円 (前月比-4,076,422円)

銘柄数・・・3銘柄 (前月比±0)

トータルリターン・・・+153,660円 (前月比-414,514円)

確定損益・・・-282,066円

通算確定損益(2022年)・・・-282,066円

投資信託の評価損益一覧

銘柄口座評価額分配金累計トータルリターン
アライアンス・バーン
スタイン・米国成長株
投信Dコース毎月決算型
(為替ヘッジなし)
予想分配金提示型
特定口座901,135円235,730円 -19,606円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)つみたてNISA757,004円0円+161,004円
楽天・全米株式インデックス・
ファンド
(楽天・バンガード・
ファンド(全米株式))
特定口座
つみたてNISA
ジュニアNISA
846,777円0円+12,262円
合計2,536,401円235,730円+153,660円
えいぎょ
えいぎょ

僕のポートフォリオで最もお気に入りだった「アライアンス」が大変なことになりました。。。S&P500に連動していて毎月分配金でかつ高配当ということで最高だと考えていました。しかし、実際には毎月分配型にすることで無理な設計になっていて、下落相場ではうまく機能しないようです。

投資信託の取引履歴

銘柄口座約定数量購入金額
(ポイント利用)
売却金額約定損益
アライアンス・バーン
スタイン・米国成長株
投信Dコース毎月決算型
(為替ヘッジなし)
予想分配金提示型
特定口座3,128,677口2,221円
(2,221円)
3,500,000円-282,066円
楽天・全米株式インデックス・
ファンド
(楽天・バンガード・
ファンド(全米株式))
つみたてNISA16,426口33,333円
合計35,554円
(2,221円)
3,500,000円-282,066円
えいぎょ
えいぎょ

『アライアンス』の約定損益は計算が複雑になってしまうため0円としています。トータルリターンのところでマイナスを計上しています。昨年までは含み益20万円だったものがトータルリターン-30万円になっているため結構ショックです。。。※今月からつみたてNISAでの購入は『eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500)』から『楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)』に変更しています。

<<あわせて読みたい>>

仮想通貨

評価額・・・329,405円 (前月比-149,040円)

銘柄数・・・2銘柄 (前月比±0)

評価損益・・・+329,405円 (前月比-149,040円)

確定損益・・・+94,360円

仮想通貨の評価損益一覧

銘柄貸出利回り評価額評価損益(貸仮想通貨分込)
ビットコイン
BTC
1.0%
(14日間貸出)
150,651円
(0.03001148BTC)
+150,651円
イーサリアム
ETH
1.0%
(14日間貸出)
178,754円
(0.50068544ETH)
+178,754円
合計329,405円+329,405円
えいぎょ
えいぎょ

大きく下落した後、少し回復しているような状態です。仮想通貨については、ボラティリティが高すぎてどんどん利確してます。しばらくは追加投資する予定はありません!!

仮想通貨の取引履歴

銘柄約定株数売却金額約定損益
BTC0.02005754BTC94,360円+94,360円
合計+94,360円
えいぎょ
えいぎょ

米国株が大きく下げ、投資信託で大きな損失を出したかわりに仮想通貨を利確しました!!仮想通貨は33万円程度までポジションを減らしてしましたが、貸仮想通貨をしてみたりと楽しんでいます。

まとめ

ポートフォリオ全体の評価額・・・6,249,038円 (前月比-51%)

ポートフォリオ全体の評価損益・・・+604,977円

ポートフォリオ全体の確定損益・・・+243,464円

配当金、分配金、副業収入の合計金額・・・107,332円

えいぎょ
えいぎょ

1月の相場は非常に難易度が高く、僕自身も対応が遅れてしまいました。今後は長期金利の動向に注意を払いながら常に警戒していきたいと思います。とりあえずはリスクを落とすことができたので、少しずつ最適化を図りながら生き残りたいと思います。今回の記事が、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

コメント