ナスダック100『QQQ』vs 全米株式『VTI』【徹底比較で結論あり】

投資の基本
スポンサーリンク

ナスダック100『QQQ』vs 全米株式『VTI』【徹底比較で結論あり】

今回は、僕が今までずっと見て見ぬふりをしてきたナスダック100『QQQ』を全米株式『VTI』と比較してみました。

ナスダック100『QQQ』の株価上昇が半端ないということは、ツイッター上の情報などで知ってはいました。しかし、なぜか流行りものというイメージを持っていて正直嫌いでした。

今回の結論は、【ナスダック100『QQQ』への投資を開始する必要がある】になります。

えいぎょ
えいぎょ

あれだけ嫌いだったナスダック100『QQQ』ですが、調査してみて投資しなければならないETFだと確信しました。是非、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ナスダック100『QQQ』vs 米国株『VTI』【企業概要】

ナスダック100『QQQ』の企業概要

インベスコQQQトラスト・シリーズ1(Invesco QQQ Trust Series 1)は、米国籍のETF( 上場投資信託)。ナスダックに上場している時価総額が最大規模の非金融企業100社を含 むナスダック100指数に連動した投資成果を目指す。指数はコンピューターハードウエア ・ソフトウエア、通信、小売り・卸売り、貿易、バイオテクノロジーなどの主要業界の企業を反映。

Bloombergから引用

全米株式『VTI』の企業概要

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(Vanguard Total Stock Market ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。CRSP米国総合指数のパフォーマンスに連動する投資 成果を目指す。あらゆる時価総額規模の米国株式を保有。米国株式市場全体を投資対象とする。3500以上の銘柄を保有し、時価総額ベースでウエートを算定。

Bloombergから引用

ナスダック100『QQQ』vs 米国株『VTI』【基本情報】

銘柄名ナスダック100『QQQ』 全米株式『VTI』
運用会社インベスコ社 バンガード社
発行年月1999年3月 2001年5月
運用総額約19.7兆円(5位)約28兆円(3位)
株価40,000円25,160円
経費率0.2%0.03%
配当利回り0.44%1.19%
配当月1,4,7,10月 3,6,9,12月
投資対象ナスダック時価総額上位100社米国市場全体
構成銘柄数約100銘柄約3,800銘柄
ナスダック100『QQQ』vs全米株式『VTI』【基本情報】
えいぎょ
えいぎょ

ナスダック100『QQQ』の方が歴史が長い点が意外です。

また運用総額も5位となっていて安心材料になります。

一方で、経費率が0.2%と若干高い点と配当利回りが低い点が少し気になります。

ナスダック100『QQQ』vs 米国株『VTI』【シミュレーション結果】

Portfolio Allocations(ポートフォリオの割合)

  • Portfolio1・・・ナスダック100『QQQ』
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』

Portfolio Returns(ポートフォリオの収益)

  • Portfolio1・・・ナスダック100『QQQ』
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』
項目意味
Portfolio
(ポートフォリオ)
ポートフォリオの名称
Initial Balance
(初期投資額)
運用前の金額
Final Balance
(最終残高)
運用後の金額
CAGR
(年平均成長率)
1年あたりの平均成長率
Stdev
(標準偏差)
価格変動の幅
Best Year
(最高の年)
最高成績の年率リターン
Worst Year
(最低の年)
最低成績の年率リターン
Max.Drawdown
(最大ドローダウン)
最高値からの最大下落率
※この値を抑えられていると安心して投資可能。
Sharpe Ratio
(シャープレシオ)
リターンをリスク(価格変動)で割った数値。高いほど良い。
Sortino Ratio
(ソルティノレシオ)
リターンを下落リスクで割った数値。高いほど良い。
※この値が大きいと、下落時の変動に対してリターンが大きくなる。
US Mkt Correlation
(米国市場相関)
株式市場との相関係数。1に近いほど株と同じ値動きをする。
※0に近ければ、株の下落相場に強くなる。
Portfolio Returns(ポートフォリオの収益)項目一覧表
銘柄名 ナスダック100『QQQ』 全米株式『VTI』
運用後の金額104,924ドル 60,683ドル
年率12.81%9.69%
標準偏差19.08%15.07%
最低成績の年率リターン -41.73% -36.98%
最高値からの最大下落率 -49.74% -50.84%
えいぎょ
えいぎょ

年率はナスダック100『QQQ』が優れています。

標準偏差や最低成績の年率リターンは全米株式『VTI』の方が優れていますが、最高値からの最大下落率はナスダック100『QQQ』の方が優れています。

Portfolio Growth(ポートフォリオの成長)

  • Portfolio1・・・ナスダック100『QQQ』
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』
えいぎょ
えいぎょ

2001年~2009年は全米株式『VTI』のリターンが優れています。

しかし2012年以降はナスダック100『QQQ』のリターンが上回り、差は拡大しています。

Annual Returns(年間収益)・・・キャピタルゲイン (収益面)

  • Portfolio1・・・ナスダック100『QQQ』:13勝7敗
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』:7勝13敗
えいぎょ
えいぎょ

キャピタルゲイン(収益面)はナスダック100『QQQ』の勝ちです。

勝っている年が多いことに加えて、大きく差をつけて収益が大きい点が驚きです。

Portfolio Income(ポートフォリオ収入)・・・インカムゲイン (収入面)

  • Portfolio1・・・ナスダック100『QQQ』:0勝20敗
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』:20勝0敗
えいぎょ
えいぎょ

インカムゲイン(収入面)は全米株式『VTI』の圧勝です。

まとめ

  • キャピタルゲイン(収益面)はナスダック100『QQQ』の勝ち
  • インカムゲイン(収入面)は全米株式『VTI』の勝ち
  • ナスダック100『QQQ』もポートフォリオに組み込む必要がある
えいぎょ
えいぎょ

全米株式『VTI』派の僕としては、少し複雑な結果となりました。

経費率や配当利回りの低さを差し引いて考えてもナスダック100『QQQ』には投資しておいた方が良いと思いました。

現在の僕のポートフォリオは4銘柄で構成していますので、ナスダック100『QQQ』を新しい投資先として検討していきます。

今回の結果を、皆さんのポートフォリオ形成の参考にしていただければ幸いです。

全世界か米国株で迷ったらこちら

S&P500か米国株で迷ったらこちら

ダウ工業株『DIA』が気になったらこちら

債券にも興味が出てきたらこちら

本日は以上です。

最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました