日本株【SBIネオモバイル証券_2020年12月】

日本株、J-REIT
スポンサーリンク

日本株【SBIネオモバイル証券_2020年12月】

こんにちは、えいぎょです。

今回も、毎月恒例の日本株【SBIネオモバイル証券_2020年12月】の報告です。

この記事を読むことで、僕がSBIネオモバイル証券で保有している具体的な銘柄が分かります。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

次の投資対象見つかったり、投資へ興味を持っていただけると思います。

それでは、ご覧ください。

日本株損益一覧表

SBIネオモバイル証券のメリット・デメリットまとめ←SBIネオモバイル証券に関してはこちら

前月が+9,922円でしたので、+33,954円大きく評価益が膨らんでいます。

先月分はこちら→日本株【SBIネオモバイル証券_2020年11月】

喜ばしいことですが、売却益を狙っているわけではないのでここはあまり気にしないようにしています。それよりも、ここまで上がってしまうと新規に購入しづらいとも考えています。

11月の配当金銘柄

11月はバルカーが唯一配当金を入金してくれました。

保有株数がわずか2株ですので、配当金はわずか549円でした。

しかし、この549円でも株を保有しているだけで発生しているので、非常に嬉しいです。

逆に考えると、549円あればセブンの焼肉弁当を買えます。

僕が高配当株投資という投資スタイルを気に入っている一番の理由が、株を購入したメリットを配当金として実感できるためです。

セクター別割合のグラフ

今回初めてグラフを見て気が付いたのですが、情報・通信セクターの割合が大きくなっています。

現状では少しアンバランスなので、他セクターの銘柄の購入を検討しています。

ただ、株価は高騰しているので12月は新規購入するかどうか分かりません。

ツイッターにて、随時配信していく予定です。

今後の戦略

株価が大きく値を上げています。

ワクチンの開発期待が高まっており、株への投資資金のが流入している影響となります。

11月、12月、1月は例年株価には追い風の時期なので、株価は上がりやすいです。

逆に2月は株価が大きく下げる可能性があります。

正直、僕は今月、日本株を追加で購入する予定はありません。

5大商社株を楽天証券でも保有し、SBIネオモバイル証券でも保有しているので管理しづらいです。

そこで、SBIネオモバイル証券で保有している伊藤忠、三井物産、三菱商事を利益確定させようと考えています。

今月の日本株に対するえいぎょの動きとしては、管理しやすいようにポジション調整するということです。

今月の方針が変更になった際は、ツイッターにて都度配信していきます。

人生を昨日より豊かに。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました