S&P500『SPY』vs 全米株式『VTI』【徹底比較で結論あり】

投資の基本
スポンサーリンク

S&P500『SPY』vs 全米株式『VTI』【徹底比較で結論あり】

前回はS&P500『VOO』と全米株式『VTI』を比較して、S&P500『VOO』に投資する方が良いという結論になりました。

詳しくはこちらから⇒S&P500『VOO』vs全米株式『VTI』【徹底比較で結論あり】

S&P500に連動したETFよりも全米株式『VTI』の方が優れているのではないかというコメントをツイッターのコメントいただきました。

S&P500『SPY』の発行年月が2010年9月と新しいため、今回はS&P500『SPY』と比較を行っていきます。

えいぎょ
えいぎょ

結論・・・全米株式『VTI』に投資すべき!!

コメント頂いた皆様ありがとうございました。

スポンサーリンク

S&P500『SPY』vs 米国株『VTI』【企業概要】

S&P500『SPY』の企業概要

SPDR S&P500 ETFトラスト(SPDR S&P 500 ETF Trust)は米国籍のETF(上場投資信託)。S&P500種指数に連動する投資成果を目指す。S&P500種指数の全構成銘柄を組み入れる。主に米国の大型株を保有。ユニット型投資信託であり、四半期ベースで配当を支払う。保有銘柄のウエートは時価総額ベースで算定。

Bloombergから引用

全米株式『VTI』の企業概要

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(Vanguard Total Stock Market ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。CRSP米国総合指数のパフォーマンスに連動する投資 成果を目指す。あらゆる時価総額規模の米国株式を保有。米国株式市場全体を投資対象とする。3500以上の銘柄を保有し、時価総額ベースでウエートを算定。

Bloombergから引用

S&P500『SPY』vs 米国株『VTI』【基本情報】

銘柄名 S&P500『SPY』 米国株『VTI
発行年月日1993年1月 2001年5月
運用総額約41.8兆円(1位)約28兆円(3位)
経費率0.09%0.03%
配当利回り1.25%1.19%
配当月1,4,7,10月 3,6,9,12月
投資対象米国株大型銘柄米国市場全体
構成銘柄数約500銘柄約3,800銘柄
S&P500『SPY』 vs全米株式『VTI』【基本情報】
えいぎょ
えいぎょ

S&P500『SPY』の運用総額は1位です。

経費率が0.09%と少し高めですが、運用期間28.5年という点で信頼を勝ち得ているのでしょう。

S&P500『SPY』vs 米国株『VTI』【シミュレーション結果】

Portfolio Allocations(ポートフォリオの割合)

  • Portfolio1・・・S&P500『SPY』
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』

Portfolio Returns(ポートフォリオの収益)

  • Portfolio1・・・S&P500『SPY』
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』
項目意味
Portfolio
(ポートフォリオ)
ポートフォリオの名称
Initial Balance
(初期投資額)
運用前の金額
Final Balance
(最終残高)
運用後の金額
CAGR
(年平均成長率)
1年あたりの平均成長率
Stdev
(標準偏差)
価格変動の幅
Best Year
(最高の年)
最高成績の年率リターン
Worst Year
(最低の年)
最低成績の年率リターン
Max.Drawdown
(最大ドローダウン)
最高値からの最大下落率
※この値を抑えられていると安心して投資可能。
Sharpe Ratio
(シャープレシオ)
リターンをリスク(価格変動)で割った数値。高いほど良い。
Sortino Ratio
(ソルティノレシオ)
リターンを下落リスクで割った数値。高いほど良い。
※この値が大きいと、下落時の変動に対してリターンが大きくなる。
US Mkt Correlation
(米国市場相関)
株式市場との相関係数。1に近いほど株と同じ値動きをする。
※0に近ければ、株の下落相場に強くなる。
Portfolio Returns(ポートフォリオの収益)項目一覧表

銘柄名 S&P500『SPY』 米国株『VTI
運用後の金額10,000ドル
⇒54,601ドル
10,000ドル
⇒60,683ドル
年率9.10%9.69%
標準偏差14.61%15.07%
最低成績の年率リターン -36.81% -36.98%
最高値からの最大下落率 -50.80% -50.84%
えいぎょ
えいぎょ

年率は全米株式『VTI』が優れています。

標準偏差、最低成績の年率リターン、最高値からの最大下落率は僅差でS&P500『SPY』が優れていますが、誤差の範囲内です。

Portfolio Growth(ポートフォリオの成長)

  • Portfolio1・・・S&P500『SPY』
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』
えいぎょ
えいぎょ

思っていたよりもはるかに、全米株式『VTI』の方が優れています。

2021年は差が拡大しています。

Annual Returns(年間収益)・・・キャピタルゲイン (収益面)

  • Portfolio1・・・S&P500『SPY』:8勝11敗1分け
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』:11勝8敗1分け
えいぎょ
えいぎょ

キャピタルゲイン(収益面)は全米株式『VTI』の勝ちです。

S&P500『SPY』が勝っている年でも、わずかに勝っている程度です。

Portfolio Income(ポートフォリオ収入)・・・インカムゲイン (収入面)

  • Portfolio1・・・S&P500『SPY』:4勝16敗
  • Portfolio2・・・全米株式『VTI』:16勝4敗
えいぎょ
えいぎょ

インカムゲイン(収入面)は圧倒的に全米株式『VTI』の勝ちです。

まとめ

  • S&P500『SPY』vs 全米株式『VTI』は全米株式『VTI』の勝ち
  • 過去20年のリターンを比較したものなので信頼性が高い
  • S&P500に連動したETFに投資するよりも全米株式『VTI』に投資すべき
えいぎょ
えいぎょ

全米株式『VTI』派の僕としては、嬉しい結果となりました。

前回のS&P500『VOO』vs全米株式『VTI』ではS&P500『VOO』が優れていましたが、S&P500『VOO』の運用期間が10.8年と短く、短いシミュレーション結果でした。

今回 同じS&P500に連動した『SPY』に置き換えて過去20年でシミュレーションしたので、こちらの方が信頼性が高いと思います。

S&P500に連動したETFか米国株式市場全体に連動した『VTI』か悩んだ際は、『VTI』に投資しておけば間違いありません!!

今回の結果を、皆さんのポートフォリオ形成の参考にしていただければ幸いです。

全世界か米国株で迷ったらこちら

S&P500か米国株で迷ったらこちら

ナスダック100『QQQ』が気になったらこちら

ダウ工業株『DIA』が気になったらこちら

債券にも興味が出てきたらこちら

本日は以上です。

最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました