『百獣の王』武井壮さんの運動理論が深い件

豊かな生活
スポンサーリンク

『百獣の王』武井壮さんの運動理論が深い件

スポンサーリンク

はじめに

今回は、武井壮さんの運動理論が深い件に関してまとめます。
趣味スポーツの方も、プロアスリートの方も今回の記事を読んで
武井壮さんの運動理論を知ることで確実にレベルアップできます。

武井壮さんとは

生年月日:1973年5月6日

日本のタレント、元陸上競技選手。

陸上競技・十種競技元日本チャンピョン

引退後はタレントとして活動し、『百獣の王』を目指している。

SPECIALIST JAPAN所属

【Wikipedeaより引用】

運動理論

武井壮さんの運動理論は、まずスポーツをやる前に自分の体をイメージ通りに動かせるようになること。

一番簡単な例でよく紹介されているのが、目をつぶって両手を横に広げるという動作。

これをやってみると、真横だと思っていた位置に手を挙げても若干上に上がっていたり、下がっていたりします。

つまり自分のイメージ通りに体を動かせていないことになります。

この状態でスポーツの練習(例えば素振り)を繰り返し行っても、自分のイメージと違う動きをしているので間違ったフォームが固まりなかなか上達しないです。

武井壮さんの場合は、日常生活を常にトレーニングだと考えて自分の動作を行っているそうです。

例えばコップで水を飲むという動作も、頭でイメージしながら行い、自分のイメージ通り動かせるまで繰り返し行ったりするそうです。

僕の考え

僕はもともと運動神経は良い方だと思います。スポーツテストでも学年1位だし、体育の時間ではどのスポーツでも活躍できる。

体育大会などは僕のために開催されているのだと思っていました。

ただ、野球のセンスはなく部活では全く活躍することができませんでした。高校時代の野球に関する嫌な思い出が強烈過ぎて、未だに夢でうなされます。笑

そもそもスポーツのセンスってなんだと考えたときに、武井壮さんが言われているように自分のイメージ通りに体を動かすことができれば、センスがないという現象は起こらないと思っています。

そのスポーツのイメージもできない場合には”センスがない”となりそうですが、最近はyoutubeにもスポーツに関連する動画が上がっているのでイメージできないという現象も起こりにくくなっていると思います。

記事はこちら→youtubeで情報収集するメリット・デメリット

具体的な習得手順

❶日常生活の動作で、自分のイメージ通りに体が動くようにトレーニングする。
❷youtubeなどの対象のスポーツの知識を入れて、動作をイメージできるようにする。
❸実際に運動してみる。

大前提として、基礎体力を上げるため筋トレをしておかなければならないと思います。
記事はこちら→筋トレを毎日やって感じた効果について

まとめ

今回は『百獣の王』武井壮さんの運動理論が深い件についてまとめました。

スポーツをされている方は、テクニック的なところに注目しがちです。

しかし、そもそも自分のイメージ通りの動作をできているのかを確認しトレーニングすることが
大前提として重要になります。

スポーツで伸び悩んでいる方も、是非この武井壮さんの運動理論を理解し、活用してみてください。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました