米国株、米国ETFの評価損益公開【2021年7月】

米国株、米国ETF
スポンサーリンク

米国株、米国ETFの評価損益公開【2021年7月】

今回は、毎月恒例の米国株、米国ETFの評価損益の報告です。

先月から保有銘柄が大きく変わっています。

米国株、米国ETFの評価損益公開【2021年6月】

えいぎょ
えいぎょ

米国の個別株投資はやめました。

理由は、VTIのリターンには勝てないと判断したためです。

それでは、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

米国株、米国ETFの評価損益一覧表【2021年7月】

セクター銘柄名評価額評価損益配当利回り
超長期米国債ETFEDV1,553,046円+70,466円2.08%
投資適格社債ETFLQD1,446,960円+13,7332.51%
優先株式ETFPFF1,011,259円+9,829円4.53%
米国株式ETFVTI2,923,777円+310,074円1.21%
合計46,935,042円+404,102円
米国株、米国ETFの評価損益一覧表【2021年7月】
  • 評価額・・・3,865,906円⇒6,935,042円(投資金額を増やしたため)
  • 銘柄数・・・7⇒4
  • 評価損益・・・+286,551円+404,102円
えいぎょ<br>
えいぎょ

中国株に投資していた資金を回収し、米国株に入れています。

個別株投資をするのが大好きでしたが、リターンを優先させるため思い切ってやめてみました。

米国株、米国ETFの取引履歴【過去1カ月間】

セクター銘柄名約定株数購入金額売却金額約定損益受取配当金
ヘルスケアBMY28株205,331円
(1,869.36ドル)
+23,554円+1,855円
(+16.89ドル)
ヘルスケアABBV17株214,176円
(1,949.89ドル)
+41,166円+10,374円
(+94.45ドル)
ヘルスケアJNJ11株198,340円
(1,805.72ドル)
+10,713円+3,286円
(+29.92ドル)
ヘルスケアPFE47株203,192円
(1,849.89ドル)
+4,569円3,007円
(+27.38ドル)
素材HMY6株2,944円
(26.8ドル)
-393円
米国株式ETFVTI32株779,848円
(7,063.84ドル)
優先株式ETFPFF232株1,001,432円
投資適格社債ETFLQD97株1,433,228円
超長期米国債ETFEDV32株481,423円
合計3,695,931円823,983円+79,609円+18,522円
米国株、米国ETFの取引履歴【過去1カ月間】

手堅いと考えていたヘルスケアセクターの個別株(BMY,ABBV,JNJ,PFE)も思い切って全て売却しました。

また、何度もやられている金鉱株のHMYも売却しました。

えいぎょ<br>
えいぎょ

今月はポジション調整を行うため、多く売買しました。

毎月安定して分配金を受け取るためにPFF、LQDを購入しています。

米国株、米国ETFの配当金【過去1カ月間】

セクターティッカー株数配当利回り配当金(税引き後)
ヘルスケアJNJ11株
(売却済み)
2.58%8.38ドル
ヘルスケアPFE47株
(売却済み)
3.94%13.16ドル
合計2銘柄2,387円
(21.54ドル)
米国株、米国ETFの配当金【過去1カ月間】

米国株、米国ETFの配当金【過去1カ月間】は税引き後で2,387円でした。

米国株以外からの配当金や収入については、こちらの記事でまとめています。

配当金、副業収入一覧【2021年6月】

えいぎょ<br>
えいぎょ

今月は比較的少なめの配当金でした。

やはり配当金を生活費にあてて生活を豊かにしていくことが重要であると思います。

まとめと米国ETFを保有する理由

セクター銘柄名評価額評価損益配当利回り
超長期米国債ETFEDV1,553,046円+70,466円2.08%
投資適格社債ETFLQD1,446,960円+13,7332.51%
優先株式ETFPFF1,011,259円+9,829円4.53%
米国株式ETFVTI2,923,777円+310,074円1.21%
合計46,935,042円+404,102円
米国株、米国ETFの評価損益一覧表【2021年7月】
  • ポートフォリオを大幅に変更(上の一覧表をご覧ください)
  • 評価損益・・・+286,551円+404,102円

元々僕は高配当株投資スタイルでしたが、最近はインデックス投資スタイルに変更しているところでした。

ただ中国株で300万円を失い、投資の考え方がまた変わりました。

投資で資産形成していくことももちろん重要ですが、投資で日々の生活が豊かになっている実感を得ることが重要だと考えました。

そこで購入したのが、毎月分配金がもらえる投資適格社債ETFの『LQD』と優先株式ETFの『PFF』です。これらの銘柄を購入することで、毎月の生活費に配当金をあてるという考え方ができるようになります。

『LQD』『TLT』『EDV』米国債券ETFの徹底比較【2021年4月】

配当金目的に最適な優先株ETF『PFF』を徹底解説

また、超長期米国債ETFの『EDV』を購入している理由は、8月、9月、10月の株式市場の下落に備えるためです。『EDV』に投資し続けるだけでも大きいリターンが得られるので、投資すべきと判断しています。

超長期米国債ETFの『EDV』を株価暴落に備えて研究

最後に米国株式ETFの『VTI』ですが、これはいうまでもなくインデックス投資の要素を残すためです。

個別株投資は楽しかったですが、正直僕のリターンは大きくありませんでした。

それを今回思い切って全てやめてETFのみの保有にしました。

将来のリターンは確実に増えるだろうという自信があります。

引き続き情報発信していきたいと思います。

えいぎょ<br>
えいぎょ

本日は以上です。

最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました