WealthNavi(ロボアドバイザー)の特徴を紹介【後半】

投資の基本
スポンサーリンク

WealthNavi(ロボアドバイザー)の特徴を紹介【後半】

おはようございます。えいぎょです。

今回は、昨日に引き続きWealthNavi(ロボアドバイザー)の特徴について紹介します。

WealthNavi(ロボアドバイザー)の特徴を紹介【前半】

この記事を読むことで、WealthNavi(ロボアドバイザー)の投資先が分かります。

ロボアドバイザーに選ばれた投資先の特徴を把握でき、自分の投資にも活かすことができます。

ちなみに僕はこの記事を書いている際に、IYR20万円分を全て売却して、VTIを20万円分購入しました。

それでは、ご覧ください。

スポンサーリンク

WealthNavi(ロボアドバイザー)の投資先一覧

VTIは最も総資産額が多く、運用開始日も長く、保有コストが年0.03%と一番低いです。

GLDは一日の取引額が最も多いです。(これは意外でした。)

投資先の特徴

米国株(VTI)のポートフォリオ

日欧株(VEA)のポートフォリオ

新興国株(VWO)のポートフォリオ

米国債券(AGG)の特徴

物価連動債(TIP)の特徴

金(GLD)の特徴

不動産(IYR)の特徴

投資先チャート

米国株(VTI)チャート

日欧株(VEA)チャート

新興国株(VWO)チャート

米国債券(AGG)チャート

物価連動債(TIP)チャート

金(GLD)チャート

不動産(IYR)チャート

WealthNavi(ロボアドバイザー)が向いている人

  1. 多忙な方
  2. 自分で投資先を考えるのが面倒な方
  3. 自分に合ったリスクで投資したい方

WealthNavi(ロボアドバイザー)が向いていない人

  1. 年1%の手数料がもったいないと考える方
  2. 投資を楽しみたい方
  3. 積極的にリスクを取って運用したい方

まとめ

WealthNavi(ロボアドバイザー)の特徴を紹介【前半】、【後半】で特徴を調査してきました。

今回、再調査した理由としては本気でWealthNavi(ロボアドバイザー)を検討しているからです。

自分に合ったリスク許容度を自動で算出してくれて、自動で積み立て投資してくれて、自動でポートフォリオをリバランスしてくれる。

また、自動で税負担を軽減してくれるWealthNavi(ロボアドバイザー)は非常に魅力的です。

ただ、僕の場合は投資先を自分で決めて投資を楽しみたいという気持ちが大きいです。

そのため、現時点ではWealthNavi(ロボアドバイザー)を開始する気はありません。

今後、心変わりすることがあるかもしれません。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました