『配当管理』アプリの使い方とおすすめの理由3選

投資の基本
スポンサーリンク

『配当管理』アプリの使い方とおすすめの理由3選

僕が実際に使ってみて惚れ込んだ『配当管理』というアプリの使い方と、

おすすめする理由3選について解説していきます。

この記事を読むことで、『配当管理』アプリの使い方を完全にマスターすることができます。

『配当管理』アプリを使いこなして、月々の配当金額や年間の配当金額を把握することで高配当株投資のモチベーションを上げることができます。

それでは、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

『配当管理』アプリをダウンロード

App Storeで『配当管理』と入力します。

表示される『配当管理』アプリをダウンロードします。

『配当管理』アプリの使い方

①右上の『+』ボタンをクリックします。


②銘柄名もしくは、銘柄コードを入力します。
 ここでは、アップルの銘柄コード『AAPL』を入力します。

③対象の銘柄に『✔』を入れるとポートフォリオに追加されます。

④『ポートフォリオ』ボタンをクリックします。

⑤『保有株数』と、『取得単価』をそれぞれ入力します。

⑥配当グラフを押せば、ポートフォリオの配当金情報が表示されます。

プレミアム会員になれば、他にも設定できる項目が増えるみたいですが、僕は無料で充分満足できたので無料での説明とさせていただきます。

『配当管理』アプリをオススメする理由3選

その① 株価、配当金利回り、配当予定月、配当額、年利が表示される

僕は楽天証券、SBIネオモバイル証券を使って投資しています。

しかし、配当利回りや配当予定月などを調べるのは意外と難しいです

このアプリでは配当金に特化しているので、配当金の情報に絞って表示してくれています。

また、追加購入した銘柄の情報を反映すると、配当金も増えていくことが実感できるので高配当株投資のモチベーションUPに繋がります。

その② グラフ化されて配当金を視覚的に理解しやすくなる

配当金がグラフ化されると非常に理解しやすくなります。

視覚的に捉えられるメリットは大きいです。

グラフのデザインも優れているので、ツイッターに投稿しても見栄えが良いです。

僕は、ツイッターのプロフィールにも設定しています。

その③ 日本株、J-REIT、米国株、米国株ETFに対応している

他の投資アプリなどと比較して、最も便利だと感じる点が日本株、J-REIT、米国株、米国株ETFに対応している点です。

この特徴のおかげで、高配当株の一括管理が可能になりました。

一括管理であれば、自分で全てを把握しやすくなるので非常に便利です。

僕が保有している高配当銘柄については、下の記事を参照してください。

日本株、J-REITの評価損益公開【2021年4月】

米国株、米国ETFの評価損益公開【2021年4月】

まとめ

今回は、『配当管理』アプリの使い方とおすすめする理由3選を紹介してきました。

  1. 株価、配当金利回り、配当予定月、配当額、年利が表示される
  2. グラフ化されて配当金を視覚的に理解しやすくなる
  3. 日本株、J-REIT、米国株、米国株ETFに対応している

高配当株投資を実践する上で、心強い味方となってくれます。

高配当株投資を推奨されているジェレミー・シーゲル教授に関する記事はこちらから。

【シーゲル流ポートフォリオ】を米国ETFで作成する方法


『配当管理』について、僕のツイートです。

使い勝手の良さに驚き、高配当株投資家に多大な良い影響を与えると思ったので今回まとめさせていただきました。


今後も、有益な情報を発信していきたいと考えています。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました