ビル・ゲイツ氏の最新ポートフォリオ【2021年-2】

投資の基本
スポンサーリンク

ビル・ゲイツ氏の最新ポートフォリオ【2021年-2】

今回は、ビル・ゲイツ氏の最新ポートフォリオと最新の売買状況を紹介していきます。

前回もご紹介した際に、手堅い銘柄の保有が多い印象を受けました。

ビル・ゲイツ氏の最新ポートフォリオ【2021年-1】

えいぎょ
えいぎょ

この3カ月で購入した銘柄は、たったの1銘柄でした。

ウォーレン・バフェット氏、レイ・ダリオ氏もそうですが、

投資タイミング(割安)ではないのでしょうね。

今回からは、保有比率上位10銘柄の特徴についても紹介していきます。

それでは、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ビル・ゲイツ氏のポートフォリオ

ビル・ゲイツ氏の保有比率上位10銘柄

ビル・ゲイツ氏の保有比率上位10銘柄の円グラフ

今回、ポートフォリオに関する変化は以下の通りです。

保有比率ティッカー順位変動ポートフォリオに占める割合
1位BRK.Bなし45.2%
2位WMなし11.5%
3位CATなし11.2%
4位CNIなし7.7%
5位WMTなし4.9%
6位ECLなし4.5%
7位CCIなし4.2%
8位SDGR10位⇒8位2.5%
9位UPSなし2.3%
10位FDX圏外⇒10位2.0%
ビル・ゲイツ氏の保有比率上位10銘柄順位変動

1位 BRK.B(バークシャー・ハサウェイ クラスB) 配当利回り0.00%

バークシャー・ハサウェイは投資持株会社。中核事業である保険・再保険事業はゲイコ、ジェネラル・リー、バークシャー・ハサウェイ再保険グループなどでで構成し、自動車保険、損害保険、生命保険と医療保険の再保険を米国内外で提供する。また傘下子会社を通じて鉄道輸送、電気部品、建材の製造、食料品卸売業、インテリア小売業など多角経営を行う。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

2位 WM(ウェイスト・マネジメント) 配当利回り1.65%

ウェイスト・マネジメントは子会社を通じて商工業顧客、地方自治体、一般家庭に廃棄物処理サービスを提供する持株会社。全米、プエルトリコ、カナダで廃棄物埋立地、有害廃棄物埋立地、ごみ集積所、廃棄物熱源転換設備、独立系発電所を所有、運営し、ごみの回収、廃棄、運搬、ごみのエネルギー資源化、リサイクルサービスを行う。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

3位 CAT(キャタピラー) 配当利回り1.73%

キャタピラーは建設機械や大型エンジンの米国大手メーカー。建設産業部門は建設用機械を製造し、バックホウローダー、スキッドステアローダ、ホイールローダ、トラック掘削機などを含む。資源産業部門は鉱山用の電動ショベル、ドラグライン、タイヤドーザ、電子制御装置、トンネル掘進機など、電気システム部門はレシプロエンジンやタービンを扱う。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

4位 CNI(カナディアン・ナショナル・レールウェイ) 配当利回り2.28%

カナディアン・ナショナル鉄道はカナダのモントリオールの本社を置く鉄道会社。鉄道事業および関連運送事業に従事。カナダ国内の路線はバンクーバー、プリンスルパートからモントリオールやハリファックスまで大陸を横断し、米国内ではシカゴ、デトロイトなどの五大湖周辺の都市を網羅し、五大湖から米国中央を抜けメキシコ湾まで達する。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

5位 WMT(ウォルマート) 配当利回り1.16%

ウォルマート・ストアズは大手小売業者。米国50州とプエルトリコでディスカウントストア、スーパーセンター(食料品併売、平均面積18万2,000平方フィート)、ネイバーフッドマーケット(スーパーマーケット)のほか、会員制の大型ディスカウントショップ「サムズクラブ」を運営。また、26カ国で小売店やレストランを展開。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

6位 ECL(エコラボ) 配当利回り0.89%

エコラボは清掃・洗浄、殺菌、食品安全に関連する製品とサービスを提供。食品工場、スーパーマーケット、ヘルスケア、ホテル、医療機関、教育機関、政府機関など幅広い業界で世界的に事業を展開。洗濯、掃除用の洗浄剤、殺菌剤のほか、業務用厨房機器、浄水器などを販売する。また、害虫駆除、機器保守・修理サービスを提供する。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

7位 CCI(クラウン・キャッスル・インターナショナル) 配当利回り2.82%

クラウン・キャッスル・インターナショナルは、無線通信タワーやその他インフラの共有リースに従事。主要顧客は無線通信会社で、無線通信タワー、ビル屋上スペース、分散アンテナなどを運用。同社は約41,300塔のタワーを所有し、スペースや容量を含めアクセスを可能にし、特定のネットワークサービスを提供する。本社はテキサス州。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

8位 SDGR(シュレーディンガー) 配当利回り0.00%

シュレーディンガーは米国のソフトウェア企業。製薬およびバイオテクノロジーの研究に活用する化学シュミレーション・ソフトウェアの開発に従事する。創薬やさまざまな分野の材料工学のためのプラットフォームを展開する。国内外のバイオ製薬会社、産業企業、学術機関、政府系研究所などに製品を提供する。本社所在地はニューヨーク。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

9位 UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス) 配当利回り1.91%

ユナイテッド・パーセル・サービス(通称UPS)は米国内外で小包や書類の宅配サービスを展開。小口貨物輸送、混載トラック輸送、税関手続き、物流関連テクノロジー支援、製品受注・発送管理、製品返品・修理管理などのサプライチェーンサービス、中小企業貸付、貨物保険、代金決済などの金融サービス、荷物梱包や発送サービスも提供する。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

10位 FDX(フェデックス) 配当利回り0.84%

フェデックスは大手物流サービス会社。「フェデックス」ブランド名で各種輸送業務を提供。主に、国際速達便輸送、宅配サービス、小包混載サービス、小口貨物輸送、貿易事業・税関手続き関連サービスのほか、北米で即時配送サービスを展開。また、コピー・印刷、販促物作成、オンライン印刷などのサービスを提供。本社はテネシー州メンフィス。

YAHOO JAPAN!ファイナンス
えいぎょ
えいぎょ

今回僕が注目したのは、2位のWM(ウェイスト・マネジメント)です。

ごみのエネルギー資源化、リサイクルサービスなど地味な内容ですが、

環境関連の銘柄は今後も要チェックです。

ビル・ゲイツ氏が購入した銘柄

ティッカー購入金額保有比率セクター
CPNG282.0$mil1.3%一般消費財・サービス
ビル・ゲイツ氏が購入した銘柄

CPNG(クーパン) 配当利回り0.00%

クーパンは米国籍のオンライン小売業者。韓国において、生鮮食料品を含めたさまざまな商品を取り扱うeコマース事業を展開する。配送スピードに注力し、当日または翌日など数時間以内での配達サービスを提供する。また、豊富な商品・在庫数、包装の簡素・簡略化によりコスト効率を高め、顧客への還元を行う。統合されたeコマースおよび物流システムを構築。本社所在地は韓国・ソウル。

YAHOO JAPAN!ファイナンス
えいぎょ
えいぎょ

韓国最大のオンライン小売業者で、年間収益は40億ドルを超えるとありましたが、

僕はあまり興味がわきませんでした。

ビル・ゲイツ氏が売却した銘柄

ティッカー売却金額保有比率セクター
BRK.B1,277.4$mil45.2%金融
WMT543.6$mil4.9%生活必需品
FDX434.9$mil2.0%資本財・サービス
CNI356.3$mil7.7%一般消費財・サービス
UPS293.0$mil2.3%資本財・サービス
CAT256.0$mil11.2%資本財・サービス
AAPL133.0$mil0.6%情報技術
AMZN98.5$mil0.4%一般消費財・サービス
LBTY.K80.0$mil0.1%通信サービス
LBTY.A44.6$mil0.0%通信サービス
CCI42.4$mil4.2%金融
TWTR14.8$mil0.1%情報技術
LILA.K7.5$mil0.0%通信サービス
LILA3.1$mil0.0%通信サービス
ビル・ゲイツ氏が売却した銘柄

明らかに多くの銘柄、金額を売却しています。

ビル・ゲイツ氏の保有上位10銘柄のうち、全く売却していなかったのは以下の3銘柄のみです。

えいぎょ
えいぎょ

僕が今回注目した保有比率2位のWM(ウェイスト・マネジメント)は売却されていませんでした。なおさら、購買意欲が増しました。

2位 WM(ウェイスト・マネジメント) 配当利回り1.65%

ウェイスト・マネジメントは子会社を通じて商工業顧客、地方自治体、一般家庭に廃棄物処理サービスを提供する持株会社。全米、プエルトリコ、カナダで廃棄物埋立地、有害廃棄物埋立地、ごみ集積所、廃棄物熱源転換設備、独立系発電所を所有、運営し、ごみの回収、廃棄、運搬、ごみのエネルギー資源化、リサイクルサービスを行う。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

6位 ECL(エコラボ) 配当利回り0.89%

エコラボは清掃・洗浄、殺菌、食品安全に関連する製品とサービスを提供。食品工場、スーパーマーケット、ヘルスケア、ホテル、医療機関、教育機関、政府機関など幅広い業界で世界的に事業を展開。洗濯、掃除用の洗浄剤、殺菌剤のほか、業務用厨房機器、浄水器などを販売する。また、害虫駆除、機器保守・修理サービスを提供する。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

8位 SDGR(シュレーディンガー) 配当利回り0.00%

シュレーディンガーは米国のソフトウェア企業。製薬およびバイオテクノロジーの研究に活用する化学シュミレーション・ソフトウェアの開発に従事する。創薬やさまざまな分野の材料工学のためのプラットフォームを展開する。国内外のバイオ製薬会社、産業企業、学術機関、政府系研究所などに製品を提供する。本社所在地はニューヨーク。

YAHOO JAPAN!ファイナンス

まとめ

  • 購入金額よりも圧倒的に売却金額が上回る。
  • 保有比率が高い銘柄でも、利益確定で売却している。
  • 保有比率2位のWM(ウェイスト・マネジメント)は、今後も要チェック。

ビル・ゲイツ氏のポートフォリオを研究し、やはり今の時期は利益確定時期なのだと思いました。

他の著名な投資家のポートフォリオはこちらを参照してください。

ウォーレン・バフェット氏の最新ポートフォリオ【2021年-2】

レイ・ダリオ氏の最新ポートフォリオ【2021年-2】

えいぎょ
えいぎょ

WM(ウェイスト・マネジメント)という銘柄を見つけられたことが、今回の一番の収穫です。引き続き情報収集していきます。

本日は以上です。

最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

じゃまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました